ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
倉持麟太郎
2018.10.16 11:08

熱かった10月ゴー宣道場と10月28日の「シン・立憲フェス」!

10月ゴー宣道場では男女平等とLGBTについて議論が行われたが、かなり論点が拡散し、とても良い感じに頭の中の混乱も巻き起こして、これまた道場でしかできない議論ができたと思います。

個人的には、頭を整理しながら聞きすぎてしまって、12月はもう少しいろいろと投げかけてみたいと思います。

最後に話た「等しきものは等しく、等しくないもの等しくなく」についてちょっと補足すると、これも、どこでその比較対象を切り取るかで話が変わってきます。男女の動かしがたい差異があるのに等しくないものを等しく扱おうとしすぎておかしなことになってる話は会場が火事になったときの吉田沙保里とよしりん先生と笹さんの話で、LGBTの話は、やはり個人という枠組みから見れば、等しきものを等しく扱おうという話になるんだろうと思います。いや、難しいな、話が。またこれは12月に。道場の2部を聴いていて、あまり話が一方向的にまとまろうとしないのが大事だなと思った良い道場でした!

そして、次に大事なのは10月28日のもう一つの立憲フェス!

結党当時に立憲民主を応援した人たちは、本当に今立憲が見ている「顧客」たちだけなのか??違う!今の上顧客だけを見ていれば、立憲民主だけでなく、日本の野党は死にます。その危機的状況にあることを理解しないといけない。立憲民主だけでなく、いわゆる支持政党アンケートのときに「支持政党なし」の人々に特にきてもらいたいイベントです。10月28日14時~表参道のPOTAL POINTで行いますので、フェスだけでなく、表参道でお買い物やカフェのついでにも来てください。

 

倉持麟太郎

慶応義塾⼤学法学部卒業、 中央⼤学法科⼤学院修了 2012年弁護⼠登録 (第⼆東京弁護⼠会)
日本弁護士連合会憲法問題対策本部幹事。東京MX「モーニングクロ ス」レギュラーコメンテーター、。2015年衆議院平和安全法制特別委員会公聴会で参考⼈として意⾒陳述、同年World forum for Democracy (欧州評議会主催)にてSpeakerとして参加。2017年度アメリカ国務省International Visitor Leadership Program(IVLP)招聘、朝日新聞言論サイトWEBRONZAレギュラー執筆等、幅広く活動中。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ