ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.10.21 13:15皇室

皇后陛下のご回答より

10月20日に公表された
皇后陛下のお誕生日に際しての
宮内記者会への文書でのご回答。
 
そこには次のようなご文章が。
 
「公務を離れたら何かすることを
考えているかとこの頃よく尋ねられるのですが、
これまでにいつか読みたいと思って求めたまま、
手つかずになっていた本を、これからは1冊ずつ
時間をかけて読めるのではないかと楽しみにしています。
読み出すとつい夢中になるため、これまで出来るだけ
遠ざけていた探偵小説も、もう安心して手許に置けます。
ジーヴスも2、3冊待機しています
(イギリスのユーモア小説の大家、P・G・ウッドハウスの作品、
ジーヴスシリーズ
―高森)。
 
また赤坂の広い庭のどこかによい土地を見つけ、
マクワウリを作ってみたいと思っています。
 
こちら(皇居)の御所に移居してすぐ、
陛下の御田(おた)の近くに1畳にも満たない
広さの畠があり、そこにマクワウリが幾つか
なっているのを見、大層懐かしく思いました。
 
頂いてもよろしいか陛下に伺うと、
大変に真面目なお顔で、これはいけない、
神様に差し上げる物だからと仰せで、
6月の大祓(おおはらい)の日に用いられることを
教えて下さいました。
 
大変な瓜田(かでん)に踏み入れるところでした
(元〔げん〕の左克明〔さこくめい〕の
『古楽府〔こがふ〕』に「瓜田に履〔くつ〕を
納〔い〕れず、李下〔りか〕に冠〔かんむり〕を正さず」
とあるのを踏まえた表現―高森)。
 
それ以来、いつかあの懐かしい
マクワウリを自分でも作ってみたいと思っていました。
皇太子、天皇としての長いお務めを全うされ、
やがて85歳におなりの陛下が、
これまでのお疲れをいやされるためにも、
これからの日々を赤坂の恵まれた自然の中で
お過ごしになれることに、心の安らぎを覚えています。
 
しばらく離れていた御用地が、
今どのようになっているか。
 
日本タンポポはどのくらい残っているか、
その増減がいつも気になっている日本蜜蜂は
無事に生息し続けているか等を見廻り、
陛下が関心をお持ちの狸(たぬき)の好きな
イヌビワの木なども御一緒に植えながら、
残された日々を、静かに心豊かに過ごしていけるよう
願っています」
 
思わず、涙ぐんでしまう。
 
慈味溢れるご文章。
 
珍しく、僅かにおどけた調子さえ漂わせ、
皇后陛下の「心の安らぎ」が温かく伝わってくるようだ。
 
天皇陛下のご譲位を可能にする法整備に、
ほんの端っこながら関わらせて戴いた1人として、
心から喜ばしく思う。
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ