ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.10.23 16:20小林よしのりライジング

短絡思考に留まるな!ライジング290配信!

人生を単純化して考えない人のための
Webマガジン
小林よしのりライジングVol.290
配信です!

今週号のタイトルは
「『悩みのるつぼ』で更なる“悩みのるつぼ”に」

 


小林よしのりライジングVol.290

トップは「泉美木蘭のトンデモ見聞録」
「人生相談」は古くから様々なメディアで様々な回答者によって行われて行われていて、時折、珍相談、珍回答が話題になることがあるが、朝日新聞の土曜「be」版の人生相談『悩みのるつぼ』が、そんなインパクトのある人生相談の宝庫になっているという。

直近の10月20日掲載分では、母の不倫に気がつき苦悶する10代の男子高校生からの相談に対して、回答者が、あのフェミニズム社会学者の上野千鶴子!
そしてその回答が、『母にも「女」の部分がある』のだから、それを認めましょうというこれぞ上野千鶴子! というべき代物!
さあ、もくれんさんのツッコミ炸裂!
そして、自身の経験からも照らして言えること、人間関係は、そんなに単純化して語れない!

 

ゴーマニズム宣言
「批判とヘイトと差別の区別くらいつけなさい」

先週取り上げた、韓国の旭日旗に対する態度が「幼稚」だという批判。
これまで「ヘイト」だと決めつけ、全て韓国の言い分が正しいと擁護する極左がいることには驚かされたが、思えば最近、「批判」と「差別・ヘイト」がごっちゃにされているケースが多すぎないか?

今回は旭日旗の問題だけでなく、LGBTや朝鮮学校を巡る問題にも目を向け、「批判」と「ヘイト・差別」の線引きを考える!

 


 

【今週のお知らせ】
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」
…朝日新聞の土曜「be」版に、『悩みのるつぼ』という人生相談コーナーがある。これがなかなかインパクトのある相談と回答の宝庫で、読み物としてひそかに楽しみにしている。直近の10月20日(土)掲載の『悩みのるつぼ』には、母の不倫に気がつき苦悶する10代の男子高校生からの相談が寄せられていた。社会学者の上野千鶴子氏から飛び出すぶっ飛んだ回答とは??

※「ゴーマニズム宣言」
…最近は、白か黒かしか分からない極右的人間、極左的人間がやたら多い。韓国の政治的「反日」傾向を「幼稚」だと批判することと、個人の韓国人を攻撃することは同じか?「代理出産」に反対することと、当事者を差別することは同じか?朝鮮学校への高校授業料無償化除外や補助金廃止と、在日朝鮮人へのヘイトスピーチは同じか?批評・批判と、ヘイトスピーチ・差別の差すらつけられない非常識な人間が多すぎる!

※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!
「いじめの定義」をどう思う?
先生自身は『戦争論』を描く以前と以後で、何か変わったことはある?
もし娘がいたとして、彼氏を紹介してきたらどうしたと思う?
四年制大学進学率に見られる女性差別はおかしいのでは?
もしチャーチルがヒットラーと平和交渉に入っていれば、日米開戦は無かったのでは?…
等々、よしりんの回答や如何に!?

【今週の目次】
1. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第102回
「悩みのるつぼ」

2. ゴーマニズム宣言・第298回
「批判とヘイトと差別の区別くらいつけなさい」

3. しゃべらせてクリ!・第247回
「お助け軍団全員集合! ホントに頼りにしとるぶぁ~い!の巻〈後編〉」

4. Q&Aコーナー

5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)

6. 編集後記

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ