ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.10.26 10:32日々の出来事

安田純平氏をバッシングするヘタレ虫ども

武装集団に監禁されていた安田純平氏が3年ぶりに
解放され、帰国したことで、また「自己責任論」で
バッシングする知能低劣なネトウヨが繁殖している
らしい。

ジャーナリストは戦場に行くなとでも言うのか?
自分の勇気のなさを反映した「自己責任論」で叩い
てるだけの卑怯者は、国家存亡の危機に兵士に
なる覚悟もあるまい。

武装組織に虐待された安田純平氏の体験は、やはり
聞いてみなければ分からぬ壮絶な状態だった。
ジャーナリストとしての貴重な体験を日本国民への
土産として持ち帰ってくれたことになる。

安田氏は、身代金要求を無視せよというメッセージを
出そうとしたことが見つかり、虐待され始めたらしい。
ちゃんと覚悟は持っていた。
武士のような人格ではないか。

それに比べてエセ保守・ネトウヨどもの情けないこと、
「恐い恐い!恐いところに行くな!恐いところに行く
奴は、俺さまの臆病さを刺激して、コンプレックスを
感じるから嫌いなんだ!勇気のある奴は潰せ!権力の
言いなりにならない奴は嫌いだ!俺さまは権力に従順
にして、むしろ権力の側にピッタリ寄り添って、えら
そうな顔をしていたいヘタレ虫なんだ!安倍政権に
迷惑をかける奴は助けるな!」

国家は自国のパスポートを持っている国民を助ける
義務がある。それが国民国家だ。

同時に左翼にも言うが、日本が他国の侵略を受けた
ときには、日本国民も武器を持って戦う義務がある
のが、本来の社会契約論だ。
エセ保守・ネトウヨもヘタレ。左翼・護憲派もヘタレ。
国民の責務を果たす覚悟がない!
安田純平氏はとにかく体力を回復させ、精神状態を
安定させるために休んでほしいものだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第91回

第91回 令和2年 9/13 SUN
14:00

テーマ: 「経済と憲法でポストコロナの社会像を提示する!」

INFORMATIONお知らせ