ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2018.11.12 11:16ゴー宣道場

京都ゴー宣道場お疲れさまでした

 

京都ゴー宣道場、お疲れさまでした。
京都帰りの新幹線のなか。
ライジングの原稿を書きつつ、気分転換にブログを投稿して
います。

笹師範の『戦争論』に対する認識、取材をもとにした
旧日本兵の方々の言葉、いくつもの文献からの引用、
どれも印象に残り、なおかつ自分自身の戦争に対する感覚、
『戦争論』以前と以後の日本の状況について考えを深める
時間になりました。

全体を通して、私は、
ナショナリズムがない、あるいはナショナリズムをまるで
恐ろしい悪の感性であるかのように受け止める感覚から
抜けられないままの状況というのは、
日本人にとって、あまりに大きすぎる欠落ではないかと
改めて思いました。

ナショナリズムがないのに天皇について語る、
ナショナリズムがないのに沖縄について語る、
ナショナリズムがないのに憲法について語る、
ナショナリズムがないのに安全保障について語る、

だからどれもこれも「国の行く末」というビジョンが
まるで見えないのではないかと思います。

自国の意思よりもアメリカのご機嫌のほうが優先だと
いう無意識の奴隷状態、
せめて原爆投下に対する「憤怒」だけでも思い出さない
のかな…と思います。
意思を持って怒るべきときは怒れるように、自分たちの
ことは自分たちで決める責任を持てるように、
そのための立憲的改憲が実現するよう、
今後の「ゴー宣道場」も気合を入れていきましょう。

次回12月の「移民と人権とナショナリズム」もすでに
応募開始しています!

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第87回

第87回 令和2年 2/9 SUN
14:00

テーマ: 「道場10年 成果と展望」

INFORMATIONお知らせ