ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2018.11.18 14:05ゴー宣道場

いま議論しなきゃ!「移民と人権とナショナリズム」!

国会での議論を眺めつつ、次回のゴー宣道場に向けて、
芹澤健介氏の新書『コンビニ外国人』や、『Newsweek』、
『週刊東洋経済』などの技能実習生を取り上げた特集など
を取り寄せて読んだ。
外国人留学生を取り巻くビジネス、日本語学校の実態など、
げげげ、ちょっと待てよ、と思う話ばかりで勉強になった。

特に日本語学校については、昨年、日本語教師として働く
友人から、「転職したい、つらい」という愚痴とともに、
その内実についてあれこれ聞かされてもいたので、
点と点がつながった。

昨日は、夜の西川口の様子を見て、その後、今朝から、
不動産状況、外国人をターゲットにした金融ビジネス
など
についても調べをかけてみた。
「うわあ~」と思う反面、「まあ、そうなるよな」という感じ。

私は、カジノやイージス・アショア等に大金を継ぎ込み、
少子化の根本原因に目が向かない今の日本が、移民政策に
舵を切ることには反対だし、
「共生」「理解しあう」という耳障りの良い言葉の前に、
特に国会では、もっと実態に基づいた現実的予測を立てて
議論したもらいたいと思う。
政府は、間違ったデータを提出して、誤魔化してる場合
じゃないよ。緊張感ないのがミエミエだよ。

世間的な「いい人」「物分かりの良い人」からは抜け出た
ところでないと、話にならない部分もあるだろう。
12月9日(日)開催のゴー宣道場
「移民と人権とナショナリズム」

かなり重要な回になるはず。
応募締め切りは11月28日です。

 

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第91回

第91回 令和2年 9/13 SUN
14:00

テーマ: 「経済と憲法でポストコロナの社会像を提示する!」

INFORMATIONお知らせ