ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2018.11.22 11:51ゴー宣道場

このままじゃ民意放置国家じゃん。

外国人労働者の受け入れを拡大する
入管難民法の改正案について、
昨日質疑が行われた。
衆院法務委員会では、失踪した
外国人技能実習生について
法務省が調査集計したデータに
誤りがあったことを法相が謝罪。
しかし、そんな中途半端な実態把握で
よく法案を通そうと考えるね。
議論の前提が崩れているのだから、
もう一度、ゼロから考え直そうとするのが
常識だと思うけど。
働き方改革で、裁量労働制について
厚労省がとんでもない数値を
出してきたときとよく似ている。

官僚データは、政治家の直接的な関与は
なかったと言うだろう。
だけど忖度して、政権側に都合のよい
データにしようと、結果ありきの集計が
行われていた可能性はないとは言えない。
百歩譲ってそれがなかったとしても、こうして
官僚データのミスが発覚するのは、
十分な問題意識の共有がなされないまま
拙速に物事を進めようとしていることの証ではないか。

それなのに、与党は27日の衆院通過を目指すという。

議論なんかしてらんねえ、とにかく法案通す!
与党が通すといったら通すの!
集計データの誤りなんて些細なこと
気にしてらんないの!
めんどくさい野党なんかの言うことを
聞いている時間なんかないの!
通すといったら通す!!

今の与党のやり方は、万事これに尽きる。

しかも報道で流れた質疑の様子を見ていたら、
「(日本人の雇用に)影響がないような制度にする」とか、
労働市場の動向で「受け入れ停止はしっかり判断する」とか、
要するに法案は曖昧で疑問点が多いだろうけど、
ちゃんと運用するので信じてね、と言わんばかり。
とりあえず法案通して、あとはやりたいようにやる、
つまり恣意的な運用が可能ということだ。
「法治国家」のあるべき姿がないがしろにされている。

このままでは「民意“放置”国家」だろう。

次回道場のテーマは「移民と人権とナショナリズム」。
この問題でも存在感が光る山尾議員をお迎えします!

道場参加申し込みはコチラ

 

笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ