ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.11.22 20:33日々の出来事

「人類皆兄弟」的な人権はない

「小林よしのりライジング」の読者のtasuuって
人は真面目な人なので答えてあげます。

日本が近代国家であり、憲法を採用していて、その
憲法に「基本的人権」が保障されている以上、
権力は国民の人権を侵害することはできません。

ただし、「国民」の人権を保障しているのであって、
「外国人」の人権ではありません。

だから、国家以前から人権があったとか、国家の
枠組みに入らない人間の人権まで、権力が守る必要
はないのです。

だからこそ、外国人労働者を超低賃金で働かせても、
憲法における基本的人権の侵害には当たらない。
それゆえ外国人労働者から失踪者が続々出ている
理由に、官僚は「より高収入を求めて」などと妙な
文章をひねり出すのです。

「超低賃金だから」というのが本当の理由ですが、
そう書くと「外国人の人権無視」と非難されます。
憲法は「外国人の人権」まで保障してないのですが、
「国家を超える普遍的人権」が存在しているかの
ような妄想が人々の間に出来上がってしまっている
から、余計な非難を巻き起こさないように官僚は
考えて、「より高収入を求めて」なんていう夢見る
ような文章を編み出すのです。

政府も経済界も、これからも「超低賃金」で働かせる
人材が欲しいのだから、「超低賃金だから」という
真実は書けません。
あくまでも「より高収入を求めて」と希望があるかの
ような書き方をするのです。

国家以前の人権とか、国民以外の人権とか、そういう
「人類皆兄弟」的な人権は「ない」のです。
人権は、その人物が帰属する国家に守ってもらうしか
ないということです。

けれど、わしの『民主主義という病い』と『新堕落論』
には、もっと深遠な思想が封じ込まれていますがね。
もう庶民の限界を越したと思ったから、こんな思想書
は描かない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ