ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2018.11.24 15:27ゴー宣道場

「移民と人権とナショナリズム」締め切りまであと4日

政府は「移民」という日本語は認めないが、
「外国人が日本へやってきて、働き手になることは
積極的に推進するし、そのための家族帯同の在留を
許可していきます」という制度を進めていく。

少子化対策よりも、目先の奴隷労働力を調達したい
という一心で、その後のことはちゃんと考えてない。

もうすでに外国人たちが集まって暮らしている町は、
もはや日本語がマイナーになって、日本のルールが
崩壊していくんじゃないかという危機すら感じる。


移民政策のゆく先はどうなるのか?
山尾志桜里議員をお迎えしてみっちり議論しましょう。

12月9日(日)開催のゴー宣道場
「移民と人権とナショナリズム」

応募締め切りは11月28日、あと4日です。

 

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ