ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.12.8 15:10政治

立憲民主党の広報部長に抗議および質問のメールを送付

本日、立憲民主党の広報部長に以下の抗議および質問のメールを送付しました。

 



立憲民主党広報部長 坂上隆司様               

 初めてメールさせていただきます。
 漫画家・小林よしのりのスタッフを務める、有限会社よしりん企画の時浦兼と申します。

 既にご存知のことと思いますが、貴党公式ツイッターアカウントは11月29日、文筆家・古谷経衡氏のネット記事『ネットを徘徊する怪物「差別的デマ」は、いま誰を餌食にしているのか』(「現代ビジネス」)を引用ツイートし、これを11月30日、福山哲郎幹事長もリツイートして拡散させました。
 だがこの記事には、小林よしのりに関して極めて重大なデマが書かれています。
 記事では、2014年~2015年頃に最盛期を迎えたネット右翼によるアイヌに対するヘイト運動について、「この運動の最前線に立ったのは、漫画家の小林よしのりであった」と断定しています。
 しかし、小林がアイヌについて著作を行ったのは2008年から09年にかけてで、しかもその内容にヘイトを煽るような要素もなく、2014~15年頃のヘイト運動の「最前線に立った」などという事実は一切ありません。
 このようなデマで特定個人を「差別主義運動の先導者」として誹謗中傷する記事を、公党の公式ツイッターが取り上げ、幹事長がリツイートしたことは、大問題であると考えます。
 立憲民主党は、辻元清美国対委員長がネットで根も葉もないデマを飛ばされ続けるなど、デマの被害に遭う場面が度々見られ、私共は同情しておりました。特に小林は、辻元氏より相談され、デマは放置してはいけない、必ず反論して潰していかなければならないとアドバイスしたこともあります。
 そんな立憲民主党が、このような極めて悪質なデマの拡散に加担したことには、憤りを禁じ得ません。
 よって、よしりん企画としては、今回の立憲民主党広報及び福山幹事長のデマ拡散行為に強く抗議し、貴党には然るべき対応を取るとともに、以下の質問について責任ある回答をするよう求めます。

1.当該記事を立憲民主党公式ツイッターで紹介した経緯を明らかにすること。
 特に、小林よしのりが差別主義運動の「最前線に立った」とする箇所は、小林が昨年の立憲民主党結党時の選挙応援に尽力していることから考えても、特に貴党としては慎重に判断すべきだったはずだが、それでも無批判にこれを紹介してもよいと決定した理由はなにか。

2.12月4日の記者会見で、福山幹事長は今回の件について質問され、「ご指摘は承知をしています。記事の内容に虚偽があるというご指摘については、受け止めさしていただきます」と答えているが、福山幹事長のリツイートも、党公式ツイッターも未だ削除されていない。
 「指摘は当たらない」と突っぱねた上でツイート・リツイートをそのままにするのならともかく、虚偽があるという指摘を「受け止め」ていながらそのままにするという対応は、全く理が通らない。立憲民主党および福山幹事長は、当該記事がデマであることを認識した上で、それでも拡散し続けると判断したものと理解していいのか。

3.党公式ツイッターが拡散させた記事に虚偽があり、それによって特定個人の名誉が棄損され、社会的評価が不当に貶められた場合、その責任の所在はどこにあるのか。また、党広報としては、当事者の名誉回復のために、どのような対処をするのか。

以上。

 



この件に関しては、全てオープンにしようと思っています。
進展がありましたら、当ブログにてご報告します。

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ