ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.12.11 08:46日々の出来事

スタッフと担当編集者へ

昨日は『ゴー宣』第31章の締め切りだったので、絵の
チェックをして、修正させ、再点検する作業があり、
0時近くまでかかった。

『よしりん辻説法』単行本の表紙下絵は描いた。
巻頭カラー作品はわしが一人でやれるアイデアで、
シナリオを書き始めたところ。
今日も引き続きコンテ完成までもっていきたい。

だが、『ゴー宣』第32章の締め切りが14日(金曜)
なので、今日はそのペン入れもやらねばならない。
これが年内最後の『ゴー宣』のペン入れになる。

『大東亜論』の締め切りが17日(月曜)なので、
スタッフはこれも同時進行で進めているはずだ。

20日(木曜)が『よしりん辻説法』の締め切り。
28日(金曜)が『おぼっちゃまくん』の締め切り。
今週末には、わしは『おぼっちゃまくん』のコンテを
始めねばならない。

年末スケジュールはすさまじい。
年内にここまで描いたら、スタッフは一週間は休める。
だが、新年は9日(水曜)が締め切りなので、6日
から仕事を始めねば間に合うまい。
その『ゴー宣』第33章のわしのペン入れはすでに
入っておかねばならないから、年内にコマ割りアタリ
の準備は整えて欲しい。
わしは年内にペンを入れて、仕事場に置いておく。

わしは『よしりん辻説法』単行本の企画ページも、
年内にやらねばならない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ