ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.12.14 10:31ゴー宣道場

「ゴー宣道場」アンケート回答1

12月9日(日曜)「移民と人権とナショナリズム」を
テーマに、第78回「ゴー宣道場」が開催された。
ゲストは国会での入管法改正の議論で、再びその
存在感を示した山尾志桜里議員である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆小林先生が提唱した“グローバリズム”と
“インターナショナリズム”、“人権国家主義”と
“人権普遍主義”の対立が興味深かった。
際限なきグローバリズムは国民を豊かにするのでは
ないというのは明白だと思うが、それを訴えてくれる
政党が共産党くらいしかないのがもどかしい。
(静岡県・21歳男性・大学生)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あれは「ゴー宣道場」の前夜、テレビで山本太郎議員
が自民党席に向かって「保守を名乗るな!」と言った
光景を見て、「保守はいない」という現実を説明しな
ければならないと思いついたマトリックスです。
視覚的に分かって便利でしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆グローバリズムが諸悪の根源だと改めて認識させ
られた。
国粋主義はよくない(行きすぎ)が国民主義は必要だと
思う。
日本人は開国を良きことと思いすぎている。
大河ドラマなどで洗脳されているのではないか。
(東京都・51歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
欧米列強の侵略がなければ、江戸時代までの伝統を
活かして近代を漸進的に取り入れたでしょうね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆冒頭にて小林先生が示されたグラフが分かり易くて
良いと思いました。
以前、労働組合の集会に行った際、やたらとトランプ
政権の誕生を危険視していた意味が分かりました。
結局、左の人達はナショナリズムが嫌だから、
保護主義の意義を理解できないのですね。
(千葉県39歳男性・・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ナショナリズムを悪か病気としか思っていない連中、
グローバリズムを進歩で良きことと脳髄まで洗脳
された連中ばっかりですからね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆グローバリズムにおける問題点は、「民主主義という
病い」「反TPP論」等から概ね理解していましたが、
正に強欲資本主義が横行していると感じました。
人間というのは欲が深い!!!
(茨城県・49歳男性・自衛官)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
資本が暴走しても革命は起こらず、格差が開くだけで、
0・1%の者が富を独占できると分かってしまったのが
最悪でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆移民の選挙権や医療保険まで考えるととても難しい
問題だと思いました。
単なる労働力だと思っていると大変なことになりますね。
「覚悟が必要」その通りだと思います。
(神奈川県・37歳女性・会社経営)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そもそも移民反対と言える国会議員も、知識人も、
マスコミもいないでしょう。
野党は「人権普遍主義」の立場で、外国人労働者に
感情移入するばかりで、「人手不足倒産」になる経済の
現実を直視しない。
「移民反対」とは絶対に言わないし、移民を受容した
あとの日本がどう変わるか、与党も野党も考えてみよう
ともしない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆議事録が出来ないうちに議論をすすめて正誤を確認
できないまま国会をすすめて何の意味があるのだろう。
こんな最低最悪の安倍長州政権の横暴を許す日本の
選挙民は何の判断力ももたなくなってしまっているのか。
どうなるんだ日本は。こんなに簡単に独裁国家が出来て
しまうのかというのを今日本国民は知らされている
のを知るべきだ。
(東京都・68歳男性・無職)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
与党は議論が嫌いなんです。
最初に結論ありきで、押し通しているだけですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山尾議員がゴー宣道場に参加するために、いろいろな
リスクを背負って来ていただいていることに感謝します。
自分の選挙区に山尾議員のような方がいないのが残念です。
選挙区に関係なく、政策や活動を見て投票できるような
システムになれば日本の政治も少しはマシになるのかな
と思ったりしましたが、まずは自分を含めて私達国民の
質を上げなければならないと今回も思いました。
(千葉県・54歳男性・福祉施設職員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国民が議員を選んでいるから仕方がないのですけどね。
民主主義の病いですよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆今の日本は単純に出稼ぎの場としても魅力があるのか
が疑問に残る。
失われた30年で、経済で停滞して賃金がほとんど上が
らず、実習生をだますように働かせないと経済がなり
たたないというのは根本的に経済構造が間違っている
と考える。
(神奈川県・24歳男性・公務員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全くその通り。
外国人に、観光で来てもいいが、働きには来るなと警告
したい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆今年の4月から生活保護の仕事をするようになった。
生存権は国民に保証されているが外国人にも生活保護を
受ける権利をもたせている。
中には日本語が話せない方もいておよそ国民とは思え
ないのになんでそこまで保証せんとならんのかと思うが、
条約で人道的保護せんとならんからややこしく思って
います。
(静岡県・44歳男性・地方公務員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんなことやってたら財政もちませんよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆企業にとっては移民は安価な労働力かもしれませんが、
自治体にとっては、人的金銭的にも大きなエネルギーが
必要となります。その覚悟が日本人にあるのでしょうか。
泉美さんが紹介していた川口市では地域の小学校で
特別支援級を1つの学校で4~6クラス作らないと
教育が成り立たないことが発生しています。
日本語が余り話せない子どもの入学が増えてきて
いますが、その対応は自治体にまかせっきりになって
います。
(埼玉県・45歳男性・地方公務員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本語出来ない子供が学校に来るという現象が増えて
いるんですね。
人権普遍主義は自治体の財政より重いと考えられて
いますからね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆まず、山尾議員がYシャツの胸ポケットに入って
いそうなイメージの木蘭先生と変わらないくらい小柄
なのに驚いた。
テレビ等で議論されている姿からは宝塚の女優
(天海祐希)みたいな長身の方というイメージだったが、
それはテレビ等から伝わる山尾議員の気迫がその様な
イメージを抱かせたのだと思う。
(静岡県・42歳男性・旋盤工)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「Yシャツの胸ポケットに入っていそう」って、
少女漫画みたいやな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆私は両親が中国から移り住んでいるので、外国人が
日本社会で適応する大変さというのは近くで見てきて
いる。言葉、習慣、差別のまなざし、今でさえも、
苦労して同化する人はいる。
これ以上うけ入れれば、必ず同化しないコミュニティが
でき上がり、分断がおきてしまうと思う。
労働問題であるのならば、もっとやることは別にあると
思うのだが、そういう声をくみ上げる政党がないのは
大変にくやしい思いである。
(千葉県・28歳男性・講師業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本語を使わないコミュニティを容認していいのかね?
郷に入れば郷に従わせるしかないと思うがな。
「多様性」とか「多文化主義」の陥穽も直視なければ
ダメだよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆財政出動の必要は理解できるのですが、共同体の
マインドを失った会社に対して税を投入して公正に
分配がなされるのか、疑問を感じました。
移民に対する覚悟という点には非常に考えさせられました。
(東京都・38歳・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会社に税を投入するんじゃなくて、様々な分野で公共投資
しろということでしょう。
地震対策だけでも今のうちに学校や病院、橋やトンネルを
補修しておく必要がある。
自治体の仕事だが、水道管だって公共のものなのに、
ボロボロで放置していたから民間に渡さなければならなく
なったんじゃないですか?
教育や新たな共同体作りでも国家が推進してやらせること
はいっぱいあるでしょう。
ただしグローバリズムだと、公共投資にも外国人が入って
くるから日本人の160万人の失業者を活かせない。
まず保護主義を見直して、日本人の完全失業者を活かし、
60万人以上のニートも働かせる工夫をしなければならない。
実質賃金を上げて、結婚・子育てができる環境を整えなけ
ればならない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆身につまされました。私は主人がアジア系の外国籍
なので、移民の問題は、直に人生(私達にも身内の人達
にも)に深く関わるものと感じていました。
「(住む国)国の歴史を背負う」という山尾先生のお言葉
は、深く胸にひびきました。
数年前(入管法が話題になる前です)、主人が「君の国は
ボクの国でもある。そのためなら戦うよ(自衛隊に入っ
てもいい)」と言ってくれたのを思い出しました。
(年齢的に実現しませんでしたが)

(東京都・39歳女性・主婦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その主人は立派です。その覚悟がある人は移民OKです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆自分の中にある国政への嫌悪感が、山尾さんが言及
された、国会で議論が成り立たない、重要法案は通常国会
に持ち込まない点で納得できた。
今の状況のままで5年後を想像してみる。
議論なき(=覚悟なき)移民方針のため「日本は奴隷立国
だ、昔は性奴隷、今は実習生という名の労働奴隷」こう
ならないように何が出来るか。悩ましい。
(東京都・54歳男性・ITアーキテクト)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「重要法案は通常国会に持ち込まない」
ふざけすぎ!ふざけ杉田水脈ですな!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆陛下が外国語教育が肝要と外国人労働者をはげまされ
たという話に感動しました。
移民受け入れの場合、語学教育などで地域社会にも、
国政側にも相応の配慮が必要なのにそのままおろそか
のまま法律のみ通る現状が異常に感じられました。
そのほかホノルルの物価の話や、おっちゃんが
ホームステイとセクハラを両立できる、外国人配偶者
の話なども印象に残りました。
野党の票は愛という、最後の山尾議員の話も、選挙制度
の矛盾をあらわにしていて、暗い気分になりました。
(神奈川県・53歳男性・無職)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
外国人を奴隷あつかいするのは、人権の問題じゃ
なくて、人道の問題と言って欲しい。
人権は被害者にあるが、人道は加害者にある。
人の道に反する雇い方をするなということです。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ