ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2018.12.16 12:32日々の出来事

流行語大賞が楽しみ

医大の入試をこんなに追及し続けて、一体どうなっちゃうの。
得点がすべてじゃない、均一じゃ済まない部分があるなんて
本当のことを言ったら、それはそれで炎上だろうし、

医者の資格を持って、大学病院などでの激務からは離れて、
時給の高いアルバイト医として、生活と仕事をうまく両立
させる道を女性は選びがちらしいよ、という部分はあまり
注目されないし、
「とにかく点数順だ! 医療界特有の事情など考慮するな!」
みたいな短絡的な激怒ばっかりだ。

ライジングの流行語大賞、今日一杯が締め切りらしい。
楽しみだなー!
膨大なライジング記事&ブログ、道場での発言などから
抜き出された言葉の数々を眺めているだけで面白いし。
20日夜9時からの生放送では、小林先生、笹さんと一緒に
結果をふりかえっていくので、投票に参加しておくと、
100倍楽しめますよ。

毎年思うけど、師走って本当に走るように過ぎてゆくよね。
ライジングの原稿、つい1、2日前に書いたような気が
してたけど、もう明日が次号の締め切りだ。
気づいたら平成30年も残すところあと半月。
個人的には、今年はものすごくいろんなことがあった。
秋には、御棺のなかに自分の作った本を入れるという
経験
をした。
昨日は、その方からの形見分けで、吉行淳之介のペンを
受け取った。
凄くかっこいいペンで、私には勿体ないと言ったけど、
このファミリーであなたは物書きなんだから、と。
それで、中のインクリフィルを注文したところ。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ