ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.12.18 15:18小林よしのりライジング

平成30年ライジング版「今年の出来事」4位から10位!

平成30年ライジング版「今年の出来事」
4位から10位までです!

 


 

☆ 第4位 【6月25日:『戦争論』が発売20周年】
24票

《選考者のコメント》
●『戦争論』出版20周年!1998年6月発売。(ライスバーガーさん)
●エポックメーキングな作品。(Rashidさん)
●20周年なのね。読み直さんとでけん。けど、なかいな、でけん。(丑三やギさん)
●20年間、空気が変わっていく様を目にしました。(hisuiさん)
●20年後でも、まだまだ議論が尽きない作品だと思います。凄い!(しもPさん)
●この本の存在の大きさ☆(こけけっこーさん)
●もうそんなにたったのかと、一票(ボンさん)
●今年、久しぶりに読み直して、改めていろんな感情を動かされました。京都ゴー宣道場での笹さんの基調講演も感動的でした。(まいこ大福さん)
●大学のゼミで戦争論で演習やったのが今でも良い思い出です。(SAKUさん)
●未だに重版されているのはすごいと思います。(kazuさん)
●発売当時私は高校3年生、その時の状況を思い出します(特に日本史の授業)。 余談ですが、この日は沢田研二の70歳の誕生日でした。おっと高田文夫先生も同じです。(がんTさん)
●「戦争論」が発売された1998年は、僕が社会人になった年です。ちなみに6/25は欅坂46・平手友梨奈の誕生日でもあります。(monmonさん)
●祖父母との絆を繋げてくれた御恩は一生忘れません!ちなみに私の誕生日です。(カレーせんべいさん)

☆ 第5位 【7月6日:松本智津夫ら幹部の死刑執行。小林よしのり「評価する」と公言し、後の『ゴー宣・オウム総括シリーズ』に繋がっていく】
23票

《選考者のコメント》
●SPA!でのゴー宣復活の年に・・・運命を感じました。 (urikaniさん)
●総括シリーズをSPA!紙上でやった巡り合わせには運命を感じます。当時破防法に反対した人達と死刑反対、オウム真相究明の会は重なりますね。(ふぁんたんさん)
●ゴー宣復活と重なっての決着。後の人が聞いたら「出来すぎじゃない?」といわれそうなくらいの神の采配でした!ヤラセでもフィクションでもない。事実だ!(onionさん)
●ゴー宣がSPAに帰ってきたのとこの死刑執行のタイミング、不思議な因縁を感じました。自分はオウムの件は後から単行本で読んで驚嘆していたのですが、改めて先生が暗殺されなくてよかった!と思いました。(シュウさん)
●SPAのゴー宣を語る上で、オウムは切っても切れない事柄ですねぇ(ボンさん)
●これも、即座にこの意見が出せるのはすごいと思います。(ぷーさん)
●ニュースのテロップを見た時は驚きました。改めて事件のことや死刑についてなど、過去のゴー宣も読みながら考えさせられました。ゴー宣とオウムの因縁を感じずにはいられません。(まいこ大福さん)
●またなんとなく死刑廃止に向かっていってしまいそうな風潮の中で、まさにゴーマニストの宣言だと思いました。(kellowさん)
●教団と先生の戦いをリアルタイムで見守っていた者としては、非常に感慨深かったです。知識人やマスコミがオウムを助長させた。時代のせいではない。甘ったれたことを抜かすな! と、私も当時憤っていたことを思い出しました。(だふねさん)
●死刑反対などの妙な運動をする知識人をみながら、その欺瞞とこの大事件が風化しつつある状況に危機感を覚えました。(KAWAさん)
●ついに!と胸をなでおろしました。(焙煎珈琲さん)
●「麻原は許さなくていいと思います」と、感想を書いた直後の死刑執行でしたので、少し動揺しましたが、死刑は必要でした。そう考えている以上、自分も死刑執行のボタンを押したものと思っています。そのことを頭の片隅に留めながら、生活していきたいと思います。(ハルさん)
●僕が生まれる前の事件。やっとかと思いました。(kazuさん)

☆ 第6位 【5月3日:ゴー宣道場拡大版『安倍暴走を立憲主義なら糺せる!』。ゲストに井上達夫氏・伊勢崎賢治氏・山尾志桜里議員・枝野幸男立憲民主党代表】
21票

《選考者のコメント》
●一層迫力ある回だった。枝野氏はあの場の言が真であることを示してほしい。「立憲」—リメンバー新宿駅前広場に集った人々の熱を!!(こけけっこーさん)
●あの頃は立憲民主党に大いに期待していたなあ。茶魔サブレ、美味しかったです。(Rashidさん)
●この回で、久しぶりに生道場へ参加しました。脳味噌が大いに刺激され、やはり道場は楽しかったです。(ゾウムシ村長さん)
●この回は伝説ですね(*ノv`)b枝野氏の思い切った発言に、立憲的改憲の動きが加速する!と思っていたのですが…(haiseさん)
●この時、枝野氏が遅ればせながら参加されたのは、感動したものでした。だからこそ、現在のていたらくに頭を抱えます。(希蝶さん)
●この時の枝野さんの発言、今も信じていいですか?を込めて(SAKUさん)
●この時点では枝野代表の言葉を信じようと思いました。(バッファローTさん)
●まぁだ、一応、枝野さんには期待してますよ (つむいぶぱぱんさん)
●枝野さんが来てくれたのは感動しました!「この時の感動を返せ!」とは言わせないでほしい。(リラリラックマさん)
●枝野幸男キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(ライスバーガーさん)
●大成功で良かった。会場前の大行列には驚きました。枝野代表も来てくれたのは嬉しかったなぁ。この時の発言忘れないで欲しいです。(mayuさん)
●超豪華ゲストな上に、枝野さんも来て下さり感激でした。あのときの言葉を忘れず、党を率いてほしいです!(まいこ大福さん)
●内容の充実もさることながら、枝野議員の登場に、希望が見えました。どうか、あの希望の灯を消さないでほしいのですが・・・(ふるむさん)
●立て!立たんか!枝野! (urikaniさん)
●音響と警備の補佐をさせていただきました。凄い盛り上がりでした。(焙煎珈琲さん)
●設営に携わらせていただいた一人として、みんなの機敏な連係プレーが印象に残りました。(KAWAさん)
●いやーお祭りでしたねぇーw(ボンさん)
●『前夜祭』では、16名もゴー宣読者が集まり、色々と語り合えたことも思い出です。(カレーせんべいさん)

☆ 第7位 【10月26日:SAPIOが不定期刊行と発表。『大東亜論』未完で終了】 19票

《選考者のコメント》
●残念。(こけけっこーさん)
●ただ無念としかいいようがないです。(monmonさん)
●今年最も衝撃的な残念です。(pq;(三味線弾きさん)
●大東亜論未完が無念です。(たっちゃんさん)
●大東亜論にはとても影響を受けたのでショックです。(kellowさん)
●「ゴー宣連載復活」と並んで今年最大の衝撃。頭山満ら名もなき思想家たちの戦いが読めなくなり、残念です。(佐々木さん)
●SAPIOは嫌いだけど、『 大東亜論』は大好きだったので、残念です。続きが読みたいです。(mayuさん)
●この続きを読みたかった。無念。(トロツキスト?さん)
●大東亜論、いつか別の形で読みたいです(haiseさん)
●いつか続きを読みたいです。『卑怯者の島』のように。(しもPさん)
●作品が未完になってしまうことほど、残念なことはない、と思います。何年後でも良いので、先生が描かれるおつもりがあるのなら、続篇を、と望みます。(希蝶さん)
●残念・・。「卑怯者の島」みたいに続きを描いて下さったら嬉しいなあ・・でも、これ以上忙しくなったら・・。小林先生、よしりん企画スタッフの皆様、お体を大切になさって下さい。(ハルさん)
●『大東亜論』が頭山満版『男の星座』〈未完〉にならないことを祈ります。(がんTさん)
●衝撃的だった。未完のままで終了って(SAKUさん)
●大東亜論が単行本になることが救いです。どっかで連載再開したら追いかけるのですが。(こうたんさん)
●表現出来る場所がある有り難さがよく解りました。(masemazeさん)

☆ 第8位 【1月13日:柴山昌彦衆院議員、トッキーからの追求にツイッターをブロックして遁走!】
19票

《選考者のコメント》
●安倍一派の小物さ加減と独裁大好きな性質を炙り出しました。質問に答えない人は危ないことを再認識します。(kellowさん)
●これには私も口があんぐりでした。それが公人としての姿勢かよと。頭髪粉飾・加工詐欺は笑えますが、現職議員にはあるまじき無責任ぶり、笑えない…。(だふねさん)
●こんな奴が国会議員で、しかも大臣なんてありえへん!(まいこ大福さん)
●ツイッターってネトウヨ、ネトサヨの街宣車なのかも?(masemazeさん)
●デマ屋ツネヒラの陰に隠れてしまいましたが、なかなかすごいことやっていますよね。今、何しているんですか?(ハルさん)
●安倍晋三みたいなバカに従属する脳無しバカ羊(三味線弾きさん)
●私もブロックされました。スゲームカついた。ネトウヨの実際を見ました。(ふぇいさん)
●私も体験しましたが、国会議員(しかも政権与党の議員)からブロックされるなんて体験はそうそうないでしょう。(笑)(KAWAさん)
●論破されたら政治屋は受け入れないと全てが狂います。何の用の議論か、何の用で代議士でいるのか。不心得の代表。(丑三やギさん)
●知って変われない悪い大人の例になったなぁと(SAKUさん)
●文科省の大臣がこんな人でいいのだろうか。(kazuさん)
●文科大臣……。(hiroさん)

☆ 第9位 【2月3日:「泉美木蘭のトンデモ見聞録」の記事で取り上げた「ナパーム弾の少女」の写真を、Apple社は一方的に児童ポルノ判定し、削除するという暴挙を行う】
16票

《選考者のコメント》
●トンデモない判定に開いた口が塞がりません。ピュリッツァー賞取った写真でしょ!?(ふぁんたんさん)
●機械的作業の暗黒。(丑三やギさん)
●これほど「機械的に物事を処理する」ことの愚かさを感じさせられる出来事はなかったです。(希蝶さん)
●人間の感性が機械並みに劣化した未来を先見した気持ちでした。(onionさん)
●言論が商業(広告ビジネス)に敗北していく現実を見せられたように思う。今後の言論の萎縮の象徴に思えて不安でならない。(木木さん)
●思えば民間からの表現の自由の圧殺の象徴的な出来事でした。(kellowさん)
●何てことの無い表現がApple社やドワンゴ社の検閲に何度も引っかかったり、行き過ぎたハラスメント騒動の表面化、『新潮45』の休刊など、表現の自由が一段と狭まっていることを実感させられました。(lkfaeaniさん)
●子供の裸が写ってたら、即児童ポルノと判定するApple社の暴挙は人間が自分の頭で考えられず、リスクも背負えなくなっていることを示唆しているように思いました。(佐々木さん)
●写真が何を伝えてるかを全く無視して、裸の女の子が写ってるだけで児童ポルノ判定…人間の感受性とは思えません。(まいこ大福さん)
●注目したの、そこですか!?これをポルノだとみなすオマエの品性のほうが、よほど下劣でスケベで危なっかしくてキモイやないかい!Appleがなんぼのもんじゃ!!(だふねさん)
●表現の自由が狭められている…。怒りすら覚えます。(daiさん)
●今年、小林よしのりライジングだけでも「表現の自由」を脅かすポリコレが何度かありました。(Rashidさん)

☆ 第10位 【11月29日:古谷経衡、小林よしのりのアイヌ論を「妄想」「学術的な根拠を何ら示さない」「屁理屈」とデマを混ぜながら批判。トッキー&砂澤陣氏から猛反撃にあう 】 16票

《選考者のコメント》
●これからも応援します。(ふぇいさん)
●よしりん先生だって、トッキーさんだって暇じゃないんだから、いい加減デマはやめて欲しい。(SAKUさん)
●前々から危なさは感じていましたが、とうとう化けの皮が剥がれたなと思います。(kellowさん)
●本物の「強者」の存在を疎ましく思う「弱者」が、何が何でも引きずり降ろそうとする。まさに「弱者のルサンチマン」の発露が醜悪(まじしおさん)
●デマ屋の卑劣漢、許せないです。(hisuiさん)
●デマ屋ツネヒラには一日も早く砂澤さんと正々堂々と議論してほしいです。(まいこ大福さん)
●ツイッターの件もそうでしたが、支持する人がいるのが信じられない。言いたいことはたくさんありますが、自分の文章力のなさが恨めしい。(ハルさん)
●小物でもデマを拡散させることの危険性を実感した出来事でした。(KAWAさん)
●立憲民主党はきちんと落とし前をつけて欲しいです。(masemazeさん)
●立憲民主党幹事長までもが、デマ記事をリツイートし、保守野党らしからぬ行動をとった恥ずべきことは、半永久的に語り継がねばならないと思う。(地球田さん)
●知の不誠実。それに輪をかけるような「立憲民主党」のふるまい! 「公」の無さ!(こけけっこーさん)

 


こうして見ていくと、世の中ろくでもないことしか起きていない中で、よしりん先生が言論を行い、行動をしていることだけが希望であるような気さえしてきちゃいます。

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ