ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.12.25 18:41日々の出来事

すべては来年5月3日に決まる

倉持麟太郎氏は「立憲的改憲」の行方が分かる5月までは、
「ゴー宣道場」で師範としてやってもらわなければならない。
いや、わしが倉持氏を使い倒す!

「戦力」を統制する改憲が出来るか否かは、日本国の未来に
関わる重大問題であり、来年は千載一遇のチャンスだと
思っている。
この大義の前では、他の議論は大したものではない。

枝野幸男氏が「立憲的改憲」案を採用しなければ、倉持氏が
「ゴー宣道場」に持ち込んだ「主権回復のための改憲プラン」
は終わりだ。
「自衛隊明記」の改憲案に、わしは賛成する。

もし枝野氏が採用すれば、5月以降も戦いが続くことになり、
倉持師範の必要性は持続する。
さらに使い倒す!

その日までに笹師範との関係性が回復すればいいのだが。
笹さんは「新潮45」を自分の言論の発表の場にしていた。
笹さんのホームグラウンドが消滅したのである。
一人のプロの表現者として、倉持氏の「廃刊が当然」という
意見が間違っていると思うのは当然だ。

言っておくが、いろんな意見があっていい、多様性を認める
べきだというのは嘘っぱちである。
絶対護憲の意見があってもいい、自衛隊明記の意見があって
もいい、立憲的改憲の意見があってもいい、どれが正しいか
白黒つけようと迫るのは同調圧力だ、多様性を認めようと
言ってたら、全く動かなくなる。
「価値相対主義」はもう古い。
どちらが正しいか、どれが正しいか、議論して決めなければ
ならないのだ。

わしは「朝日新聞を廃刊にせよ」と言っていた自称保守や
ネトウヨの意見にも「反対」を唱えた。
朝日新聞の罪はいくらでも知っているが、廃刊はさせない
というのが、わしの考えだ。
これは正しい意見だと思うので、誰とだって戦う覚悟がある。
表現の場を縮小させることは民主主義にとってマイナスだ!
同じ理由で、共謀罪にも反対だと、国会で発言した。
わしは断固として「表現の自由」を守る!

なぜ倉持氏が「言い過ぎた」とたった一言言わないのか、
わしには分からない。
それで笹さんも納得だろう。
もし何が何でも弱者に無理解なメディアは潰すべきだと
思うのなら、その理由を述べればいい。
それが「なるほど」と思う意見なら、わしもこれから、
わしが不正義だと思うメディアは「廃刊OK」「潰して
しまえ」と言うことにしよう。

だが、こういう意見の相違は、(笹さんには悪いが)
「立憲的改憲」の大義の前では小さな議論だと判断する
しかない。
この判断は、わしが手前勝手に決めたもので、ひょっと
したら間違ってるかもしれない。
細部に真実が宿るのかもしれない。

だがわしは、改憲問題は、日本の命運がかかっていると
思うし、倉持氏はこれに貢献できる人材だと、高く評価
している。

属国に生き、属国に死んだ西部邁氏と同じ道をわしも
辿るのか?
それとも出口を見つけるのか?
あと半年だ!5月3日、今年も開催した目黒区民会館で、
すべてが決まる。
みんな、10連休に浮かれて国外に行くなよ。
即位の礼を見届けて、新しい元号の下で、憲法記念日
に「ゴー宣道場」主催の大会に参加するのだ!
そこで日本の命運が決まるのだ。
倉持の命運もな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ