ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.12.27 18:41日々の出来事

次世代に伝えるべきこと

個人ホームページに送られてくるメールで重要なものは、
秘書みなぼんがわしに転送してくるが、その中に
Champion鈴木というハンドルネームの文章があって、
言っていることは全く正しいし、100%同意する。
だが、今は解決できない。全ては大義のためだ。

「SPA!」『ゴーマニズム宣言』で描くべきテーマが、
もう15本も溜まっている。
どれから論じて行こうかと考えているうちに、
また論じなければならないテーマが生まれてくる。

憲法の問題も、人権の問題も、差別の問題も、
保守とは何かも、一章で論じきれるテーマではない。
『ゴーマニズム宣言2nd』の単行本の巻数を重ねる
うちに、これが壮大な思想書であることが分かって
来るだろう。
必ず歴史に残る思想書を作り上げてやる。

「ゴー宣道場」の門下生の中に、オウム真理教の
麻原彰晃が逮捕された以降に生まれた若者がいると
いうのが驚いた。
GHQ進駐軍に占領されていた時代が終わって以降、
生まれてきたわしのようなものか?
NHK朝ドラ「まんぷく」の焼け跡・闇市の時代を
わしはテレビや書物でしか知らない。
「まんぷく」が、進駐軍の圧倒的横暴さを描いてくれ
るのがありがたい。

どんどん時代が変わって、次世代の若者がどんどん
登場するから、今まで積み上げられてきた議論が
忘れ去られてしまい、ネットの影響で悪貨が良貨を
駆逐するスピードが速くなってきた。
『ゴーマニズム宣言』の読者や、「ゴー宣道場」の
門下生に、若者が入ってきたら、出来るだけ親切に
「平衡感覚」を発揮する知恵を伝えていきたい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ