ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2018.12.27 23:09日々の出来事

イースト菌事件

夕飯の支度をしていたら、冷蔵庫にリンゴが
1個だけ余っているのを見つけた。
たくさんいただいて、残りは全部、
とっくにジャムにしていた。
1個だけじゃどうしようもない。
生で食べるにはもう食感がワシャワシャだ。

食後、片付けの前にリンゴのケーキを作ることにした。
大丈夫、去年もさんざん作ったケーキだ。
薄力粉と卵とバター、そして砂糖。
うん。材料は全部ある。
あとは混ぜてリンゴを乗せてオーブンで焼くだけ。

あはは、なんかデキる主婦っぽい!
さくさくと手際よく生地を作って焼いた。

・・・が、ふくらまない。
ベーキングパウダーを入れたはずなのに。
冷凍庫にある粉・・・ベーキングパウダーだよね?

いつもパンを焼いてくれる夫に尋ねたところ、
「ええ!? 冷凍庫に入れてある粉は、
イースト菌だよ!」
と言われた。

パンを発酵させるのがイースト菌。

生地をふくらませるのがベーキングパウダー。

区別がつかなかった。


デキる主婦が、遠のいた。

笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ