ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.1.3 16:04日々の出来事

堤未果『日本が売られる』は読んだ方がいい

やっと堤未果『日本が売られる』を読んだ。
読まなきゃとずっと思ってた本だ。
幻冬舎はウィキをコピペして記述した歴史本を誇らしげ
に売っているが、情けない限りだ。
万世一系だから素晴らしいと言いながら、王朝交代説を
支持しているという、日本の歴史を全く分かっていない
記述まである歴史本らしい。
そんな本を大量に売る幻冬舎だが、『日本が売られる』は
良書だ。これは100万部売れてもいいと思う。

しかし、これを読むと血管ブチ切れそうになる。
悪名高い水道法改正は2011年、東日本大震災当日に、
民主党政権がPFI法改正案を閣議決定したらしい。
水道管の修理などは自治体(税金)と企業で折半して、
利益は企業が丸儲けという「コンセッション方式」は、
この時生まれたようだ。
くそくらえ――――――!

2017年、トランプ大統領がTPP離脱を宣言すると、
その日のうちに自民党は「種子法廃止」を閣議決定した
という。
売国奴が―――――――!

2018年、日欧EPAで日本が8項目で関税ゼロを約束
したために、日本では国産牛乳が消える恐れがある。
わしは国産牛乳が大好きなんじゃぞ――――――!

どの項目も次々に腹が立って、民主党だろうと、自民党
だろうと、グローバリズムで国を売る売国奴政権しか、
存在しないのだ、この日本には!
この本は読んだ方がいい。
日本人なら読むべき本である。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ