ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2019.1.15 19:08日々の出来事

土光杯入賞、おめでとう!

産経新聞(1月13日付)に以下のような記事。

「若き論客たちが弁論を競い合う『第35回土光杯全日本青年弁論大会』
(フジサンケイグループ主催、積水ハウス特別協賛)が
1
2日、東京・大手町のサンケイプラザホールで開かれ、
11人の弁士が『私の100歳時代プロジェクト』
をテーマに熱弁を振るった。

…土光敏夫氏の出身地、
岡山県にちなんだ『特別賞岡山賞』には、

『健康寿命100歳―30歳若返ったら何しますか』と題し、
高齢者の大学入学や地域活動への参加を呼びかけた
主婦の平井仁子(きみこ)さん(34)が輝いた。

…土光杯、岡山賞以外の入賞者は以下の通り。

(敬称略)〔フジテレビ杯〕石関祐輔(34)
〔ニッポン放送杯〕清水奈菜保子(31)…」

伝説的な経済人、故・土光敏夫氏の名前を冠した弁論大会。

ここに名前を掲げた諸君のうち、
平井さんと清水さんは、わが高森稽古照今塾の塾生だ。
石関君も私の教え子。

土光杯こそ逃したものの、
入賞者5名のうち、3名がわが教え子とは嬉しい。

みんな、よく頑張った。

おめでとう!

…そう言えば、平成29年に土光杯(!)
に輝いた清水崇史君も、古株のわが塾生。

その時にはブログで
祝福するのを失念していたかも知れない。

許せ。

後れ馳せながら、改めて清水君おめでとう!

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ