ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2019.1.20 20:40日々の出来事

幻の座談会

哲学者で文化勲章を受章した
梅原猛氏が亡くなった。
 
それで思い出した事がある。
 
随分、昔の話。
 
ある保守系オピニオン誌の企画で、
「梅原日本学」批判の座談会を行った。
 
梅原氏は、
幅広い分野についての膨大な著述があり、
斬新かつ大胆な見方を提示し、読者も多かった。
 
しかし、
その多くは実証的な根拠を欠く、
殆ど荒唐無稽に近い内容。
 
その頃、影響が大きかっただけに
批判的な検討は必要だった。
 
その時のメンバーは八木秀次氏、新田均氏と私。
 
私が前近代を担当し、
新田氏が近代、八木氏が現代という
大まかな分担だったはず。
 
事前に編集部から、
同氏の近刊書や雑誌・新聞などに
発表した文章のコピーが、ドッサリ送られて来た。
 
座談会は編集長が司会を務め、
それなりに充実した内容になったと思う。
 
編集長の案内でそのまま山の上ホテルに移動し、
みんなでお酒を飲みながら夕食を共にした。
 
ところが、結局この座談会はボツになった。
 
当時、
出版界で批判するのが一番タブーな1人が
梅原氏だったらしい。
 
聞いた話では、必ず抗議して来るし、
その抗議先も編集部じゃなくて社長に直接行く。
 
又、それぞれの出版社から出している
自分の本の版権を引き上げると言い出す。
 
更に、中曽根康弘氏のような
親しい政治家を使う事もあったとか。
 
その時のゲラ刷りは、
まだ書斎のどこかに埋もれているはずだ。
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ