ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.2.9 11:20日々の出来事

「着払い」で下着を送りつける痴漢行為

大量の下着を「着払い」で女性議員や弁護士や市民運動家
に送りつけるという事件が発生している。
ハガキの消印は「山口」になっている者が多く同一犯の
可能性が高い。

被害にあってる女性たちは左翼リベラル人権派だから、
わしは嫌いだし、向こうもわしが嫌いだろう。

だがわしは、この犯人を卑怯だと断言する。
彼女たちの言論・表現を、嫌がらせで封殺するのは単なる
卑劣漢であり、右派であっても、保守ではない。

今やネットで誰でも発言できる時代だし、言論で彼女らを
木っ端みじんに批判することはできるのだ。
言論に言論で対抗せず、「着払い」で下着を送りつける
なんて行為は、まるで痴漢みたいでいびつである。

〇言論に対して、言論で対抗せず、痴漢的行為で嫌がらせ
をする犯人がいる。

〇言論に対して、言論で対抗せず、デマで偏見を撒き散らし、
小林よしのりを封じようとする左翼リベラル人権派の言論人
がいる。

〇ジャーナリストを自称し、言論の場を持っているのに、
裁判という権力システムを使って、小林よしのりの言論を
委縮させようとする者もいる。

今の国粋主義的な右派は、左翼リベラル人権派が嫌がらせ
を受けていたら、ニヤニヤ笑って見ているだけだろう。

逆に今の左翼リベラル人権派は、小林よしのりが裁判で
言論封殺されたら、ニヤニヤ笑って見ているだけだろう。

日本の言論空間は、このように二極化し、どちらも極端に
走って、バランスが取れない。
どちらも言論や議論の効能を信じていない連中であるのは、
間違いない。
誰も民主主義を信じていないのだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第80回

第80回 平成31年 3/10 SUN
14:00

テーマ: 「石破茂は何を考えているか?」

INFORMATIONお知らせ