ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2019.3.14 08:00皇室

昭和天皇への最後の「君が代」

3月13日、福島県宗教団体連絡協議会で講演。
その後、懇親会に。
 
事前には、懇親会にまで参加するとは
全く聞かされていなかった。
しかし、かねて尊敬している地元神社界の
指導者の方が、今回の講演者として私を
推薦して下さったそうなので、
素直に参加した。
と言うより、お酒の場だから拒絶しなかった、
というのが正直か。
どちらにしても、参加して良かった。
その席で、昭和63年に皇居勤労奉仕に
参加された神職の方にお話を伺う機会を得た。
同年8月だったか、とにかく昭和天皇が
勤労奉仕団へのご会釈の為に、
“最後”にお出ましになった時に奉仕されたそうだ。
その後、間もなく昭和天皇はお倒れになり、
111日間のご闘病の末、崩御された。
だから、その方が奉仕された時には、
崩御に繋がったガンが、既にかなり
進行していたはずだ。
それでも昭和天皇は、ギリギリまで
奉仕団へのご会釈を続けておられた。
 
陛下からご会釈を賜る場面では、
複数の奉仕団の団長の中から1人選ばれて、
万歳三唱の先導をする。
その方は、昭和天皇への最後の万歳三唱
の先導役を務めさせて戴いたと、
感慨深そうにおっしゃった。
 
その話を伺っていると、
その時に奉仕に参加していた別の方がおっしゃるには、
宮内庁から事前に
「陛下のご負担になるから
万歳三唱の後の『君が代』斉唱は
控えるように」と、強く釘を刺されていたらしい。
でも、その場になると自然発生的に、
つい「君が代」を歌い始めてしまったそうだ。
すると、帰りかけておられた昭和天皇は
立ち止まられ、奉仕団員の方にクルリと
向き直られて、最後までお聞き下さったそうだ。
 
その場にいた誰もが感銘した。
その後、昭和天皇は病床に伏された。
 
陛下のご病状を知り、その方は一層深く、
昭和天皇のお気持ちを悟ったという。
 
30年以上前の昭和時代末の話を、
昨日の出来事のように語って下さった。
 
平成からその次への御代替わりを
控えた時期だけに、よけいリアルに
思い出されるそうだ。
 
私も感銘を受けた。
 
尊い話を伺う機会を得て幸運だった。
 
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第81回

第81回 平成31年 4/7 SUN
14:00

テーマ: 「日本経済は復活できるのか?」

INFORMATIONお知らせ