ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2019.3.15 17:04日々の出来事

見たいファンタジーを生み出すファンタジーな国…

来週には桜かな? 早朝からかなり明るくなってきた。
今朝は4時起きでモーニングクロスだったけど、昨夜遅くまで
忙しくてバタンキューだったので、告知のブログが書けなかった。

今週はアメリカで著名な風刺小説家カート・アンダーセンの本
『ファンタジーランド』の邦訳版をゆっくりと読んでいるのだけど、
これがめちゃ面白い。

アメリカがどうしてこうもフェイクニュースでむちゃくちゃになって
いったのか、そのルーツと「アメリカ人」という国民性を、
コロンブスが米大陸に上陸する500年前まで遡って、
ピューリタンたちの持つ宗教的性格などと絡めながら、超個人主義の
出現していった経緯などとともにガツガツ解説している。

要するにアメリカというのは、異様なカルト集団が作った国なんだ、
とハッキリ言ってしまってるところがやたら刺激的だ。

新天地に幻想を抱いて上陸した人々は、「俺らすげえ」と思いたい。
だから「すげえキャラクター」を作り出し、抱いていた幻想が、
本当に幻想に過ぎなかったとわかっても、さらなる妄想を生み出し、
美しいフィクションを作り上げてしまう。

ヴォルテールの言う「寛容」がヨーロッパで吹き荒れていた頃、
その「寛容」と、キリスト教的世界観の「幻想」、そして「科学」、
自分が信じたいことを堂々と信じ抜いてよいのだという「信心」、
これらが合わせ技を起こして、凄まじい相対主義が生まれる様子、
見たいファンタジーを生み出していった現象など、
そのまんま現代人につながってるじゃないかと思う。
日本人も完全にこれに近づいてるよ…とヒヤヒヤして。
かなりの大作だけど、最後まで読み切る。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ