ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2019.3.27 07:00皇室

「安」が付く元号はあり得ない

新元号の公表が近くなった。
閣議決定の前に、天皇陛下と皇太子殿下への
ご報告がなされるべき事を、繰り返し指摘しておく。
 
「平成」の次の元号がどうなるか。
 
様々に憶測する人達がいるようだ。
しかしそれは、「天皇の元号」という
伝統に照らして、陛下の“ご聴許”を得て
決すべきもの。
 
ただ、1つだけ今の時点で
はっきりしている事がある。
 
それは、
「安」が付く元号はあり得ない、という事。
 
勿論、過去の247例の元号で、
「安」という字が使われたケースはある(17例)。
だから、今後もこの漢字が使われる可能性は、
十分ある。
 
しかし、今回の改元ではあり得ない。
何故か。
 
恐らく、改元の時点の首相は安倍晋三氏だろう。
そうだとすれば、現職の首相の名字と重なる
文字を元号に採用する事は、最低限の良識があれば
控えるはずだ。
そうでなければ、(ご本人にその意図が無くても)
為政者が自己宣伝の為に、最も安易なレガシー作り
として、元号を政治的に“ねじ曲げた”、と
受け取られてしまうからだ。
 
今の首相官邸のスタッフも、
安倍氏が未来永劫、汚名を被り続けるような
事態は、さすがに避けたいはずだ。
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ