ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2019.4.28 07:00日々の出来事

メディアからのアプローチなど

今上陛下のご譲位と皇太子殿下のご即位がいよいよ間近に迫った。
このところ、いくつか国内外のメディアからのアプローチがある。
既に対応を済ませたのは以下の通り。

朝日新聞の取材。
4月23日付の「平成と天皇」第9部にコメントが掲載された。
以前に紹介した「女性セブン」とは別に、
「週刊文春」「週刊新潮」「週刊現代」「アサヒ芸能」の取材。
それぞれ先週(21日~27日)発売号にコメントを掲載。

テレビ東京「ゆうがたサテライト」収録(放送は29日)。

CGTN(チャイナ・グローバル・テレビジョン・ネットワーク)
とSRF(スイス国営ラジオ局)、
ロシアのテレビ番組“Segodnya”(独立チャンネルNTV)
のインタビュー収録。

言論サイト「iRONNA」から原稿依頼(5月1日に公開予定)。
東京新聞へのコメント執筆(同じく5月1日掲載予定)。
新刊の著書は『上皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉文庫)と
『天皇と国民をつなぐ大嘗祭』(展転社)責了
(前者は5月中旬、後者は同月下旬発売予定)。

テレビ朝日「朝まで生テレビ」(4月26日)に出演。

これからの予定は、今のところ以下の通り。

5月1日、テレビ東京の特別番組
「報道スペシャル“令和”幕開け!7つの謎を徹底解説」。
同日「ゆうがたサテライト」。
同日、AbemaTV「Abemaprime」。
4日、「よるバズ!」。
6日、「ゆうがたサテライト」。
以上は生出演。

これらの他に、
ブラジルのテレビ局RECORD TVからの依頼が届いている。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ