ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2019.5.17 15:00日々の出来事

持統天皇はすごい。

昨夜は寝そびれてしまったので、今日は深夜労働だし
なんとか仮眠しなければヤバいのだけど、
こう天気が良くて暑くちゃ
ちっとも眠れない。

「春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山」

小学生の時に、たまたま一番最初に覚えた百人一首。
持統天皇の句だ。
子供ながらに初夏の空に白い衣がはためく清々しい風景が
思い浮かんで、
6月生まれの自分の季節と合うようで気に入り、
札に書かれた十二単の持統天皇の姿がきれいだなあと思って
覚えてしまった。
この札だけは場所を覚えておいて、何が何でも2秒でとると
燃えていたし、今でもこの句だけはすらすら出て来る。

子供の頃は、「お姫様」と思っていたっけ。

その後、その持統天皇が、地元・伊勢神宮の式年遷宮を
初めて
執り行った“天皇”だと知って、驚くとともに、
ますます興味を持つようになった。
なんたって1300年以上前に行われた第1回式年遷宮が、
いまだに
続いていて、三重県民の私は白装束を身にまとい、
その行事に
参加していたのだから。
式年遷宮の自慢なら、いくらでもできる。

持統天皇は夫の天武天皇がすすめていた律令制導入の遺志を
受け継いで「飛鳥浄御原令」を施行させている。
この令ではじめて国号が「倭」から「日本」になり、
「天皇」号が発令されたとされているから、
持統天皇は「日本」で最初の天皇ということにもなるわけだ。

また、壬申の乱を体験した持統天皇は、
皇位継承のルールとして
「皇太子」「太上天皇」を制度化し、
「皇太子」という地位を
確立、譲位の先例化を成立させた。

さらに、日本初の全国規模の戸籍「庚寅年籍」を作成。
さらにさらに、政治の中枢機関かつ天皇の住まいを置く、
日本初の
本格的な都市「藤原京」を完成し、遷都。
律令国家の成立を示した。

さらにさらにさらに、このたびの天皇陛下即位で注目される、
天皇一代に一度の「大嘗祭」を制度化したのも持統天皇。

すごい! 持統天皇!
どんだけ日本という国家の基礎を作った女性なんだ。

どこが「女性天皇は『中継ぎ』」なんじゃい!

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第84回

第84回 令和1年 10/20 SUN
14:00

テーマ: 「天皇論『日米激突』」

INFORMATIONお知らせ