ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2019.5.26 15:27ゴー宣道場

「令和」最初のゴー宣道場、締切は29日!

週刊SPA!(5月28日号)で、
倉山満氏が皇位継承問題に関し
「陰謀論」を叫んでいる。

Y染色体を信仰する男系原理主義者を
「カルトだ」と批判しているのだけど、
倉山氏自身は、秋篠宮家を信仰しているようで、
「昨年から秋篠宮家バッシングが勢いを増している」
「皇位を秋篠宮家に渡さない陰謀だ」
と言うのだ。

一体、誰がどんな陰謀を企てているワケ??。


しかも「愛子天皇」のお子様が皇位を
継がれた場合は「王朝交代」であり、

「悠仁親王がおわす時点で女帝を言うとは
秋篠宮家から皇位を取り上げようとする陰謀」
であり、(←陰謀がやたら多く出てくる)

「令和の時代に再び壬申の乱を起こすような
真似は慎むべきだ」
と書いている。

王朝交代と言い出す時点で、男系の血(=Y染色体)を
信仰しているのと何ら変わらない。
もし女性宮家が立ったら、当主はあくまで内親王だ。
なんで王朝が交代になるの?
民間の男性が皇室に入ることによって王朝が交代に
なるというのなら、やはり根拠は男系の血(=Y染色体)
しかないではないか。
弓削道鏡の例も出しているのだけど、これは天皇が
権力を持っていた時代の話。
壬申の乱だって、そうだ。
「愛子天皇」派と悠仁親王派が、血で血を洗う
争いを起こすか? 今の時代に?

倉山氏は、天皇を権威ではなく「権力者」として
捉えており、今の時代の天皇の在りようを
全く考慮していない。
歴史(先例)に固執しすぎて、現代、そして未来を
忘れている。

倉山氏は、悠仁さまが即位する頃には
他の皇族がいなくなり、世継問題が重要となるが、
「それは別の話」として、切り捨てている。
そこまでわかっていて、「別の話」???
そりゃあなた、無責任でしょうが。

世継問題(=皇室の存続)が重要だからこそ、
女性天皇や女系天皇を真剣に考えなければならない。
側室制度を今さら復活させることなど
できないのだから!
ただそれだけのことで、どこをどう見たら
「秋篠宮家から皇位を取り上げようとする陰謀」
になるのか。倒錯しすぎていて意味不明。

次回のゴー宣道場では、天皇をいただくこの国の
ありようを踏まえつつ、皇室の未来について
議論していきます。
テーマは『新天皇即位と皇室の未来』

陰謀論だ!とレッテル貼りをするのではなく、
「別の話だ」として逃げるのではなく、
真剣に、地に足付けて、皇室の未来を
考えましょう!!!
参加応募締切は5月29日(水)です。
あっという間に締切が迫ってきたよ。

応募申し込みはコチラをクリック


笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ