ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2019.6.11 17:49新刊情報

『大東亜論』歴史は物語だ!

『大東亜論最終章 朝鮮半島動乱す!』の
感想ご紹介です!

 


 

小学生の時に歴史関係の漫画で最初に飛びついたのは、日本の歴史シリーズで、文字より絵で記憶する方が得意だった私には時代の流れが掴みやすく、受験勉強には役に立ちました。・・・が、感想はそれだけです。
大東亜論シリーズは頭山満を中心とした「物語」で、学校では決して教わることはない(先生からすれば時間的な余裕もない?)時代背景も知ることが出来ました。ありがとうございました。

時代は逆戻りすることは出来ませんが、東洋王道という道があると気づいたのなら、今からでも日本の進む未来を王道に舵取りしていかないといけないと思いましたし、今上陛下を含め、歴代の天皇陛下もずっと東洋王道を望まれて、祈ってこられたのではないかと読み進めながら考えていました。
(SUNRISEさん)

 

「歴史は物語である」
というのは、「新しい歴史教科書をつくる会」の時から言っていたことだと思いますが、実際には未だ学校教育の中では「歴史は暗記である」に留まっているのでしょうか。

そういえば国語の授業でさえ、これからは小説などよりも「契約書」の読み方などに力を入れるとかいうし、どこまで日本人の感性は劣化していくのかと思うと、ゾッとします。

『大東亜論』の物語を読んで、感性の劣化に抗おう!

トッキー

次回の開催予定

第83回

第83回 平成31年 8/4 SUN
14:00

テーマ: 未定

INFORMATIONお知らせ