ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.6.27 16:42日々の出来事

古代史は疑問だらけ

今朝は7時前に目が覚め、手もとにある古代史の専門書
をめくり始めたら止まらなくなって、赤線引きながら
読み耽った。
シナ皇帝の「王」の称号を求めていた日本が、いつから
それを忌避するようになり、「天皇」号を使いだすのか、
日本書記がなぜ「天皇」に書き換えてしまうのかなど、
日本史の謎は深くて、疑問は果てしなく膨らんでいく。

11時過ぎに秘書みなぼんが迎えに来て、仕事場に行き、
担当りか坊に『よしりん辻説法』の画稿を渡した。
次回の打ち合わせをして、りか坊は帰り、わしは昼食に
買ってきたマイセンのカツサンドを食って、トッキー・
みなぼんと共に、明日の対談の準備。
そのときも話し合ったのだが、そろそろわしの考える
古代史の疑問を解決せねばならないと思った。

明日は10時からルオフ氏との対談だが、夕方まで
かかるか?
明後日も一日中の対談になるだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ