ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.6.27 23:12日々の出来事

「聞造会」P村、ボンへ伝言

金曜、土曜は対談で朝早くに出るからブログを書けない
かもしれない。泉美さんと笹さんに任せる。

「聞造会」をやると、3時間みっちり報告と対策を議論
するだけで終わってしまう。
3時間と言えば考えてみたら「ゴー宣道場」の時間と
一緒じゃないかと思って、びっくりしてしまう。
それほど「ゴー宣道場」の現時点の問題点と、今後の
ために議論すべきことがあるのだ。
だが日曜の昼に3時間も5~6人で会議できる店って、
なかなかないんだよな。
1回目の店なら、全然オシャレじゃないが、時間制限が
なく、追加注文すればいいから便利なんだが。

東北はパブリックビューイングで「ゴー宣道場」の
グッズを作って集客したいとP村が望んでいるらしいが、
あくまでも「ゴー宣道場」のキャラを使うのならいい
だろう。
茶魔のように著作権が発生するのはダメだ。

「ゴー宣道場」の警備の件で、わしも気がかりがあるので、
合気道のボンは今度8月11日の「聞造会」に通り掛かっ
てくれないか?
メーリスに書いてた文章を読んだが、警備のことはボンに
一任したい。
わしからも話しておきたいことがある。

ちぇぶってわしへのメールが「ゴー宣道場」のことだけで、
凄く慇懃丁重なんだよな。
あれでもミーハー度がいくらかあるらしいから不思議だ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ