ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.7.9 09:28政治

女性議員の意義

女性の地位向上のためには、ゴー宣道場でも
女性リーダーを出した方がいいと思っているのだが、
誰でもいいというわけにはいかない。
本人が望んでいれば有難いくらいだが、
家庭や仕事や現場が崩壊するようなことは
絶対避けなければならない。

ゴー宣道場の設営隊はボランティアだ。
ボランティアでさえ自分からより深く
関われる女性は少ないのに、
政治家になろうとする女性は相当な覚悟が
あるのだろう。
まず有難いと思わねばならない。

だが実際に政治活動をしている女性議員を
見れば、国家国民に対する責任を、
どれだけ感じているのか、何を目標に
やっているのか、さっぱり見えない。
与党に所属しているだけで何の実績が
あるのかも分からない女性議員が、
偉そうに上から目線で野党を叱責している
姿を見ると、アホで野蛮な男性議員と
同レベルかと失望する。

昔、台所から政治を変えると言った
女性議員がいたが、今じゃ男の政治家までが、
家計第一とか、暮らしの安定とか言っている。
「私」から「公」へと、どう繋ぐかが
政治であって、男も女もないのだろうが、
女や母親そのものを武器にされても困る。

全てはカネ、財源の問題だから、
どう財源を担保するのかを論じないのなら、
女性議員の価値もなくなる。
暮らしを良くしたい、子育てを楽にしたい、
老後の不安をなくしたい。
はい、分かりました。
カネがあれば夢は叶います。

財源はどうしますか?
公約には全党が財源の捻出方法を語る
べきであって、夢物語を列挙されても、
読む気もしない。

男性議員も馬鹿が多いから、女性議員は
もっと頑張って欲しいのだが、男並みの
レベルでは何だかなーと侘しくなる。

男女の性別に関わらず、皇統や憲法という
国家の根幹を論じることが出来ない国会議員に、
本当に暮らしのことを論じることが
出来るのだろうか?

「私」から「国家」、そして「公」への回路が
切れている政治家は役に立たないのではないか?

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第83回

第83回 平成31年 8/4 SUN
14:00

テーマ: 「皇室と憲法における平和主義」

INFORMATIONお知らせ