ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2019.7.18 06:00日々の出来事

高森稽古照今塾、第6期終了

7月13日、明治聖徳記念学会の公開シンポジウムの基調講演だけを聴いて中座。
高森稽古照今塾(別名、爆笑!目からウロコ塾)へ。
第6期はこの日で最後。
拙著『日本の10大天皇』を3年がかりでやって来た。
先月からいよいよ最終章の昭和天皇。
「終戦の詔書」原文のコピーを配布。
皆で玉音放送を謹聴した。
講義の後半には女性の受講者には涙ぐむ人も。
勿論、一方で笑いも絶えない。
やや駆け足で、しかも1時間近く延長してしまった。

終わって記念撮影。
受講者達からお礼の品を贈られた。
花束、清酒用グラス、夫婦箸(めおとばし)、高級チョコレート。
品物の選び方から彼らの誠意が伝わる。
更に1人1人、自分の写真を貼った絵葉書に感想文を書いてくれた。
これが一番嬉しい。

翌日、妻が早速、私に何の断りもなくチョコレートを
美味しそうに食べている。
で、こう言う。
「このチョコレートはお父さん(私のこと)は食べない方がいいわね」
私「どうして?」
妻「高級だから。だって勿体ないでしょ」
私「…」

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和1年 9/8 SUN
14:00

テーマ: 「オドレら正気か?公開生放送in大阪」

INFORMATIONお知らせ