ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.7.20 11:29日々の出来事

左派ポピュリストの可能性

山本太郎は米国のバーニー・サンダースのような
左派ポピュリストなのかもしれない。
石原慎太郎が右派ポピュリストだったが、その逆張り
だと思えば分かりやすい。

したがって、そもそもナショナリズムがあるかは
疑わしく、小文字の政策ではかなりの点でわしの考え
に近いのだが、天皇や憲法や歴史観では違ってくる
可能性が高い。

そのうちのひとつ、天皇において、女性・女系天皇、
女性宮家をすべて認めるとしてくれたから、今回は
ひとまず支持することにした。

左派ポピュリストの反エリート主義・反権威主義も、
わしと近い。
そもそも女性・女系天皇、女性宮家は、リベラルが
支持しなければならないビジョンだから、本来は
枝野幸男が支持しなければおかしいのである。
「女性はいいけど、女系はね」というのは、女性の
血統は穢らわしいという男尊女卑思想に過ぎないの
だから。

もし安倍首相が小泉政権時代に立ち戻って、愛子
内親王を皇太子にし、女系も容認してしまったら、
(わしは可能性はあると思っている)枝野幸男は
安部晋三よりもリベラルではなかったという結論に
なり、さらに評価を下げることになるだろう。

山本太郎は良い決断をした。
女性・女系天皇、女性宮家は、リベラルに見えるが、
実は「因習より伝統」を重んじる保守思想そのもの
でもある。

問題は今回、政府が行なった韓国への制裁のような
ことができるか?という点にある。
ナショナリズムがある保守なら、やって当然だが、
日本のリベラル左翼政党には、これができないだろう。
山本太郎にこれができるのなら、もはや左翼では
なく、真正の保守政治家ということになってしまう。

そして山本太郎は、極めて論理的思考能力が高いので、
「立憲的改憲」を理解してくれる可能性はあるだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和1年 9/8 SUN
14:00

テーマ: 「オドレら正気か?公開生放送in大阪」

INFORMATIONお知らせ