ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.7.28 07:49日々の出来事

「凪のお暇」凄すぎる

最近見ているテレビドラマを紹介しよう。
『凪のお暇』は恐るべき傑作だ。
黒木華が圧倒的に演技が上手くて、出てくる他の俳優の
個性が全員活きている。子役まで上手い。
高橋一生があまりにも嵌っていて、男の中にある情け
ない感情を見事に演じていて、恥ずかしいほどだ。
これほど水準の高いドラマを作るとは全く驚く。
しばしば若者はネットばかりでテレビを見ない、テレビ
はオワコンなどという馬鹿がいるが、心底哀れだと思う。
たとえ若者でもネットばっかり見ていて、感性が劣化して
いれば、こういうドラマの凄みが分からないのだろう。
『凪のお暇』のような、現代の空気観を繊細に描き切る
全く新しいドラマが創作される可能性がテレビにはある。

『偽装不倫』も楽しくて、杏がやっぱりコメディエンヌ
の才能を爆発させて、設定の奇妙さを不自然にならない
演技力で笑いに転化させている。
仲間由紀恵が良き夫を持ちながら、年下男子と不倫する
あまりにズルい役柄を演じながら、妹とアリバイ工作
する可笑しさに、思わず感情移入させてくれて凄いと
思わざるを得ない。

最後に『ルパンの娘』が荒唐無稽なのに、あっという
間に作品の世界観に浸らせてくれる力技に感心する。
突然ミュージカルになる演出も見事。
深田恭子は不思議ちゃんなキャラと、変身後の凄みの
効いた声とセクシーさの差異を見事に演じ分けていて、
カッコ良くてあまりに嵌り役だ。
深キョンって、やっぱり魅力のありすぎる女優だな。
他の配役もユニークで楽しすぎる。

朝ドラの『なつぞら』も見ているが、京アニの事件も
あって、アニメーターに対する敬意を湧かせてくれる
貴重な番組になってしまった。
イケメンが多すぎるんじゃないかという疑問を持つが、
草刈正雄の存在感は凄かったな。

今季はこの4本を見ていくことにした。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ