ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.8.5 18:08日々の出来事

「国民性」を否定してはならない

昨日の「ゴー宣道場」の議論は田原の混ぜっ返しに
引っ掛かって、師範も全部、ぐちゃぐちゃになって
しまっていた。

わしは、新自由主義は間違っている、グローバリズムは
間違っていると主張して来た。
だが、小泉から安倍に至る竹中平蔵の日本型雇用を崩壊
させる政策で、日本は「砂粒の個」に分解されてしまった。
そこから末端では、ストーカーやら京アニ放火の基地外
やらが生まれてもいる。

アメリカ人や中国人の拝金主義の「国民性」を日本人は
持っていない。
だから新自由主義は日本人を不幸にするという話をわしは
している。

ところがそこで高森氏が「国民性に帰結させることには
与したくない」とか言い出して、廃藩置県の話をし始めた。
廃藩置県は日本人の「国民性」を変えた快挙であって、
日本人は新自由主義だって受け入れて、「国民性」を変えられる
はずだと、高森氏は言い始めたのだ。
大きな疑問として、廃藩置県は日本人の「国民性」を変える
革命だったのか?

「国民性」にはプラスもマイナスもある。
例えば日本人の「会社は家族」とする「集団主義」が
ジャパン・アズ・ナンバーワンの圧倒的な経済力を産み出し、
アメリカを震撼させたのである。

それが恐くてアメリカは日本に「年次改革要望書」を毎年、
突きつけ、小泉が「構造改革」を実行して、日本の最も強い
「集団性=組織力=チームワーク」の力を崩壊させてしまった。
これで日本の経済は衰退してしまったのである。
消費税だけではない、日本経済が衰退する一方なのは。

それは徹底した拝金主義にもなれない日本人の「国民性」が
あるからであって、その「国民性」を拝金主義に変えて
しまうことを高森氏は望んでいるのだろうか?

「集団主義」にもプラスとマイナスがある。
これがあるから、日本人は大震災があっても暴動とか
起こさないし、世界が称賛する秩序正しい行動がとれる
のである。

だが一方で戦前のように、一億総玉砕の全体主義が形成
されもする。
集団の空気を読む「国民性」があるから、日本人には
「個」が育たない。
だからわしは「個の連帯」を唱えて「ゴー宣道場」の
集団の力を増幅させようとしているのである。
そのためには悪しき「仲間主義」を警戒して、「個人」の
能力を最大限に引き出さねばならない。

アメリカや中国は「拝金主義という国民性」を持つ。
韓国人は「反日」がもはや「国民性」にまでなっている。
「国民性」を否定する者は、グローバリストであり、
リベラリストである。
実は世界の国々の多様性を認めない「人類皆兄弟」の
イデオロギーの人種である。

それは皇室を戴く日本の「国柄」、「国民性」に反する
考え方であって、日本人は無意識の「国民性」をもっと
自覚しなければならない。
「国民性」なしに天皇への敬愛は育たない。

廃藩置県は日本人の「国民性」を変えたと言えるのか?
わしは日本人の「忠誠心」を殿様から天皇に移動させた
だけだと思っている。
その「忠誠心」が会社にあった時代もあったが、今は
それも新自由主義によって消滅寸前というわけだ。

田原というニヒリズムの毒薬を一回注入しただけで、
師範までもが混乱させられてはいけない。
思想の整理が必要である。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ