ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.8.11 12:21日々の出来事

ケネス・ルオフ氏との対談本、凄すぎる

ケネス・ルオフ氏との対談ゲラを読んでいるが、全く
たまげてしまう面白さだな。
冒頭から日本人も驚愕する議論をやっている。
のっけからタブーに触れていく議論だから、この本は
日本人との対談では絶対に不可能な内容になっている。

わしは本当に驚くが、日本人同士の議論だと出てこない
思想が外国人となら出てくるというのは、やはり議論
というものは意義深いものだなと今回、気づいた。

もちろん、そんな意義深い議論をするためには、
外国人の方も日本語が喋れるとか、ちゃんと日本の
研究をしているとか、そういう高度な能力が必要に
なるわけだが、ケネス・ルオフ氏がいわば、こっちの
土俵にすっかり乗ってくれているという恐るべき誠実
さと勇気があるから成立しているのであって、他の
外国人じゃこうはいかない。
ケネス・ルオフ氏には本当に感謝する。

日本人との議論より意義深く、学ぶことの多い議論が
できたのだと、ゲラを読みながら思った。

そうは言っても言語のハンディーがルオフ氏にはあり、
アウェーで戦っているのだから、ゲラを見て自分の
ニュアンスが伝わっていないような箇所はどんどん
書き込んで欲しい。

わし自身が英語を喋れたら、多分、日本人よりも
アメリカ人の方が仲良くできたかもしれない。
ケネス・ルオフ氏、素晴らしい人物だ。

10月の初めにこの本は発売される。
そして10月20日の「ゴー宣道場」にルオフ氏を招く
ことができるのは、すごく楽しみで、ありがたいこと
である。

なを、この対談をまとめてくれたのは、ライターの
岡田仁志氏だが、相変わらずわしの思想をよく理解
してくれていて、素晴らしい仕事ぶりだ。

まるで、あとがきみたいな文章になってしまったが、
読み始めたばかりで感動してるから仕方がない。
まだゲラは読み始めたばかりだから、ほんの少しの
間違いとかあるので、それを修正する。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第87回

第87回 令和2年 2/9 SUN
14:00

テーマ: 「道場10年 成果と展望」

INFORMATIONお知らせ