ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.8.12 12:35日々の出来事

道場心得の練り直し

道場心得だが、「道場は、身を修め、現場で戦う覚悟を
作る公論の場である」というのが第一に来るべきである。
運動や宗教は「自分の生活の現場」を崩壊させても奉仕
しろと迫るが、「ゴー宣道場」は、それはむしろ禁ずる。
本来、現場で戦うくらいの覚悟が必要なのだ。
そして「討論」でも「ディベート」でもなく、朝ナマの
ような「マウントの取り合い」でもなく、あくまでも公
のために熟議する。
何が一番、人々のためになるかを考えて熟議する。
「公論」を意識しなければならない。

そして、「切磋琢磨の場」と言ってしまうと、一般参加者
から見て、敷居が高くなる。
一回だけ参加したいと思ってもいいのだ。
切磋琢磨というと、競い合えと勘違いする恐れがある
ので、この項目は削除する。

次の「お客様ではなく」というのも、「何かしろ」と
強要しているような勘違いを生みそうだ。
わしは「良き観客」であればいいというのが原則なので、
例えば、「遠くて来れない」とか、「日曜に仕事がある」
というような人でも、ネットで見て、会員になってくれ
れば、運営資金が入ってくれるし、応援の声だけでも
師範や門下生らの勇気を奮い立たせる原動力になる。
ただ「ゴー宣道場」に賛同して、注目してくれるだけ
でもOKなので、「良き観客」という言葉を入れてほしい。

あとの項目は全部大事だ。このままでいい。
以上を考慮して、トッキー、新しい「参加心得」を作り、
アップしてくれ。
秘書みなぼんはそれを「ゴー宣道場」サイトのどこかに
公表してくれ。
「規約」よりも「心得」の方がいい。

なるべく多くの門下生を入れたいが、中には怪しい者が
入ってきたり、かく乱分子になったり、「公論」の阻害要因
になったりする場合も、今まであったので、「心得」に
違反したら退会させればいい。
それはあくまでも「道場」だから、民主主義ではなく、
主催者であるわしが独断で決める。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和1年 9/8 SUN
14:00

テーマ: 「オドレら正気か?公開生放送in大阪」

INFORMATIONお知らせ