ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.8.12 15:35日々の出来事

立憲民主党の左翼サポーターとは距離をとれ

昨日になって、東海「ゴー宣道場」の設営隊長にT氏が
名乗りを上げていたが、申し訳ないが事後的な立候補
なので、まだ認定できない。保留にするしかない。

実は12月に名古屋で「ゴー宣道場」をやって、山尾志桜里
氏を応援しようかと思っていたが、どっちみちそれは止めた。

山尾氏の支持者にも立憲民主党の左翼サポーターがいる
らしく、「ゴー宣道場」が前面に出ると、「色がつくから」と
いう理由で、秘書が嫌がっているらしい。

安田真理氏も同様で、「ゴー宣道場」に出たというだけで、
極左サポーターが恫喝まがいの批判をツイッターにして
くるので、ついに安田氏は「私は地球市民」などと表明
したらしい。
恫喝に負けて、同調圧力に屈するようでは「個」が弱い。
立憲民主党内に左翼政治家を増やす必要はないから、
「ゴー宣道場」が迷惑なら、今後、支持する必要はない。

山尾さんは「皇統」と「立憲的改憲」で、共闘できるので、
選挙区には行かずに、投票の呼びかけだけで応援しよう。

そういうわけで、東海「ゴー宣道場」は山尾氏とは関係
なく、そこに「ゴー宣道場」の支持者がいるというだけ
の理由で、支部を作る覚悟が必要だ。

そのつもりで自分が隊長を「やりたい」と思う者がいる
なら、ちぇぶのツイッターに連絡すればいい。
ちぇぶが会いに行くつもりのようだ。
T氏もまだ候補には入っている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第87回

第87回 令和2年 2/9 SUN
14:00

テーマ: 「道場10年 成果と展望」

INFORMATIONお知らせ