ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.8.13 12:08日々の出来事

青木・玉川は中二病で、コメントがダメになってきた

今朝の羽鳥モーニングショーの日韓関係のコメントだが、
青木・玉川の「リベラル左翼」コンビは酷かった。
完全に中二病だ。

この度の日本の韓国への輸出管理は、決して禁輸ではない。
台湾と同レベルの管理にしただけであり、EUでも
韓国への輸出管理はBランクである。
ちなみに日本はEUのランクでもAランクだがね。

なぜそうなるかというと、武器に転用できる素材の管理が
不透明だからだ。
北朝鮮やイランに流れている可能性があるからだ。
青木・玉川は国際常識がまったくない!

たとえそれが慰安婦問題や徴用工問題への報復措置であった
としても、この輸出管理は、非常に大人の戦略である。
「感情的」とか「大人じゃない」とか「出口がない」とか
「国益にならない」とか言ってるが、そういう批判は当たら
ない。

日本政府こそが大人の対応をしたのであって、韓国政府は
感情的な子供の対応をしているだけである。
韓国こそが「出口がない」のであって、日本にとっては
「国益になる」措置である。

しかし玉川氏は日本政府の措置に賛成する者は「ネトウヨ」
だとレッテル貼りをしていたが、そんな感情的な批判が
許されるなら、わしは玉川を「極左」と言うしかない。

言っておくが「話し合い」の結果として「条約」を結ぶ
のである。
「条約」を崩壊させるのは、話し合いが無駄という表明
であり、あとは「戦争」しか残っていないということだ。
何度「話し合い」、合意に達して「条約」を結んでも、
あっという間に「条約」を崩壊させるのならば、国と国の
間に「信頼」は育たない。

今度こそ、「条約は守ろう」「国際法は守ろう」という約束
を韓国から取り付けねばならない。

そのためには、わしは輸出管理をBランクにするくらい
では足りないと思う。
Cランクにしてほしいくらいだが、日本政府は大人の態度で
Bランクにしている。
これが「リベラル左翼」の野党には出来ない。
だから政権交代を許すわけにはいかなくなるのだ。

青木・玉川は自分を「リベラル」と思っているのだろうが、
実は「左翼」であり、「国際条約」を重んじない立場
なので、「戦争主義者」である。
自分では全く気付いてもいまい。中二病だから。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第87回

第87回 令和2年 2/9 SUN
14:00

テーマ: 「道場10年 成果と展望」

INFORMATIONお知らせ