ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.8.14 22:29日々の出来事

ボツにもならず、検閲もされず

今日はルオフ氏との対談ゲラの修正を終え、表紙の
帯のラフ絵を描いて仕事場に送った。
あとがきは明日だ。

昨夜は『ゴー宣』第68章をボツにされたらどこに
持って行くかを考えていたが、今日の夕方、担当
織田氏がやってきて、1時間半みっちり話し合った。

ボツにする気はないと言う。

対処として、危ない文字を検閲伏字にしたらどうか
と言ってきたが、表現の自由がテーマの章で、それを
やったら、『ゴー宣』読者は熱いから、編集部にガンガン
電話がかかってきて、大変なことになるよとわしは別に
脅すつもりではなく、リアルなことを言った。

しかも、本当は何を書いてあるかを知りたい欲求が
高まるから、結局他誌に載せるしかなくなる。

なぜこの作品が今の時代に必要かを説明し、漫画に
おけるパロディ表現とは何かを説明し、そもそも
この作品こそが『ゴーマニズム宣言』の真骨頂であり、
小林よしのりの作品から「毒」を抜いたらおしまいに
なるということを、秘書みなぼんが熱く語ってくれた。

とうとう織田氏はこのまま掲載することを、決心して
くれたようだ。
ありがたい。やっと安堵した。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ