ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.9.6 11:07日々の出来事

国民感情に煽られる玉川徹?

わしはテレビの韓国報道が「嫌韓」だとは思わない。
「ホワイト国」の意味など、テレビはよく教えてくれた。

だが玉川徹はテレビの韓国報道が「嫌韓」だと思って
いるらしく、「テレビ側が主導しているというよりも、
国民感情にあおられてやっている」そうだ。
驚くよ。国民が悪いそうだ。
国民が知りたいことをテレビが報道してはいけないと
思っているらしい。

だったら「モーニングショー」で毎日毎日、韓国報道を
するのを止めればいいし、玉川が止めてくれと頼めば
いいじゃないか!
そして今日もモーニングショーでは、国民感情にあおら
れて、韓国の玉ねぎ男の聴聞会のことをやっていた。
そして玉川徹は平然とコメントをしていた。
やれやれ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ