ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.9.18 22:52日々の出来事

「ゴー宣道場」門下生たちが熱っぽい

「ゴー宣道場」の各地域の門下生たちがなんだか熱っぽくて、
ガンガンやっている。
愛知の設営隊長がこんなに熱血とは思わなかったよ。

わしに直接、各地の設営隊長から連絡も来るし、圧倒されて
しまう。

それどころか「ゴー宣道場」には来たこともなくて、『ゴー宣』
もたいして読んでいないような人まで、「戦うゴー宣道場」に
参加して、そこから設営隊にも入ってきているようだ。
一体、この先、「ゴー宣道場」って、どうなっていくんだ?

ライブビューイングも、やりたい人の主体性に任せるのは原則だ。
やりたいのに妨害だけは絶対してはならない。
ただし、全国推進隊長には必ず連絡して指示を仰いでほしい。

ライブビューイングから、本番の「ゴー宣道場」を実現する
には、わしはちぇぶの報告と要望を受けて決める。
しかもライブビューイングにも実はリスクがある。
だから、ちぇぶを無視しちゃダメだ。

しかし東北のあのポスターには、ちぇぶも和ナビィさんも
違和感を表明してたが、確かに恐いよ。

関東設営隊が停電の中でクーラーもなしでライブビューイング
したあとの動画を聴いた。
停電だったのは千葉だけじゃなかったのか。
よく熱中症にならなかったな。
話してる内容はとても良かった。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第84回

第84回 令和1年 10/20 SUN
14:00

テーマ: 「天皇論『日米激突』」

INFORMATIONお知らせ