ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2019.10.1 13:30メディア

【よしりん少女像】表現の自由を守るための敢然たる戦い!

月刊WiLL11月号掲載
『ゴーマニズム宣言』
「少女像は神聖不可侵じゃない」の
感想ご紹介、本日第2弾!

 


 

「ゴー宣」が載った『WiLL』、近所の書店にようやく並びましたので、急いで買いました。
買いたくてたまらない本があるとき、令和になっても存在する、東京と九州のこのタイムラグがもどかしいです。

予想以上に、大爆笑の連続でした…。
今後、仕事等で気持ちが落ち込んだときは、急いでページを開きたいと思います(笑)

大爆笑のパロディ形式で、しかしながら内容は事実に基づいた日韓関係の真実。
こうした表現が許されないのは、表現の自由の萎縮、言論弾圧に他ならないと思います。

今回の件は、愛知ナニシトンナハーレ(騒動のせいか、最近こう聞こえてしまいます…)の件より深刻と言えます。

最近、新聞で、ホワイトハウスの前に、例の少女像を模したグレタさんの像が置かれた1コマ風刺マンガを見ましたが、こうした表現も許されなくなるでしょう。

小林先生、よしりん企画スタッフの皆様。
日本社会の公のため、表現の自由を守るために敢然とたたかい、渾身の表現を私たち読者に届けていただき、本当にありがとうございました!!
(sevenさん)

 


 

「グレタさん」も神聖不可侵に祭り上げられて、批判が許されない存在になりつつあり、確かにどっか似ているような気も…

グレタ・トゥーンベリについては、本日配信のライジングで徹底考察の予定!
どうぞお楽しみに!
『ゴー宣』は、言論封殺への空気に敢然と立ち向かいます!

トッキー

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ