ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2019.10.3 06:00日々の出来事

某国大使館関係者にレクチャー

9月30日、永田町のザ・キャピトルホテル東急のラウンジで
某国大使館の一等書記官と会った。

先方の依頼により1時間程、皇室についてレクチャー。
若くてチャーミングな女性だったので、少し意外だった。
同国は学力の国際比較で世界のトップクラス。
その中でも飛び抜けて優秀・有能な人材なのだろう。
日本語が流暢で、理解力も優れている。
予備知識も十分。

かつ、日本の天皇を良いタイミングで自国に招きたいという、
外交官として明確な目標を持っているらしい。
この度は、10月22日の即位礼に当たり、同国の大統領が来日されるので、
その準備の一環として、私にレクチャーを依頼して来たようだ。
礼儀正しく、質問や応答にも隙が無い。

それでいて、ケーキを食べながら、
「こういうスイーツは女の子にとっては宝物なんです」なんて、
あどけない発言も自然に出て来る。
非礼にならない範囲でさりげなく親密感を与える。
外交官としての資質を感じさせた。

年齢・性別に関わりなく、優秀な人材なら思い切って
重いポストにつける。
権限も与える。
わが国の外務省もそのように処遇しているのだろうか。
もしそうでなければ、他国に遅れを取る事になりかねない。
ふと、そんな不安もよぎった。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ