ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2019.10.3 22:30メディア

【よしりん少女像】「叩く」でも「利用する」でもない貴重な慰安婦論

ライジングコメント欄から、
月刊WiLL11月号掲載
『ゴーマニズム宣言』
「少女像は神聖不可侵じゃない」
感想のご紹介!

 


 

こんにちは。 
WiLLに掲載されたゴー宣の感想を書きますm(__)m

SPA!で不掲載になった、ということで一体どんな内容なのだろうかと発売前から楽しみにしていました。

実際に読んでみると、とにかく面白い回でした。よしりん少女像の視点で慰安婦問題の経緯がわかりやすく描かれていて、予想される批判のことまでふまえてあったので読んでいて楽しかったです。
韓国への悪口では全くなく、むしろ慰安婦になって、元慰安婦として過ごしてきた人々に焦点が当てられていて、さらに少女像が建てられるような現在の慰安婦問題まで含めて描かれているところがいいなと思いました。
事実を知りたいという気持ちが強くなります。

慰安婦問題に関しては、「叩く」か「利用する」かのような論調がよく見られますが、
よしりん少女像が語る慰安婦問題はそれらとは違うものでした。貴重な一回だったと思います。
普段からのWiLLの読者がどう感じたのだろうかということも気になります。

この回が不掲載になったのは特に内容が過激だからとかいうわけではなく、どんな批判が飛んでくるかわからない、と恐れてしまったからだと考えるのが自然だと感じました。
(みんとさん)

 


 

「みんとちゃんと会えるならと、つい来年の福岡開催も約束してしまった」
…とよしりん先生が言うのもわかるような、いいコメントです!
いい大人でも、全然読み取れない残念な頭脳の人は、いっぱいいますからね。
よしりんの孫世代に期待します!

トッキー

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ