ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2019.10.6 13:30メディア

【よしりん少女像】「被害者絶対正義教」を警戒せよ!

ライジングコメント欄から、
月刊WiLL11月号掲載
『ゴーマニズム宣言』
「少女像は神聖不可侵じゃない」
感想をご紹介します!

 


 

「WILL」拝見いたしました。
もう、これあかんのやったら日本の表現規制どこまでいくねん!
いや~ほんとSPAはもったいないことしたな~と。
そして「現在に至るまでの韓国との条約の流れと違反」が知らない人にもわかりやすく書いてあって助かります。
最後のページは大爆笑でしたね~。ほんとそのうちちょっとしたパロディーもできない世の中になるのでしょうか?
ま、ぶっちゃけ韓国が「慰安婦」にこだわるのはやはり
「これでたっぷりふんだくれるから」と知ったからでしょうね。
だから政権が変わった時に「前の政権がやったこと。今の政権には関係ない」って横紙破りができるわけで。
だから外交交渉に関しては結局自分たちの生活にはねかえってくるのだからできるだけ有利にできるように
国民をシビリアンコントロールするのがマスコミの役目なのに、ねぇ。
正直Q&Aで答えていただいたようにこう言うのが幅きかせている以上は…
「被害を受けたと主張したらいじめは成立する。加害者が100%悪く被害者は100%正しい。何もしない傍観者もまた同罪である。」
だから相手が「被害を受けた」と主張したら加害者はひたすら謝るしかない。
な~んていうように「被害者絶対正義教」にでもそまっているような気がします。

正直「外交」というのは「武器を持たない、いや懐に忍ばせた状態でやる『戦争』」なんですよね。
…という話は日本史世界史学べば理解でき…あ、一部大学受験では選択でやってないんだ!
「受験に関係ない教科はいらない」だものなぁ…亡国。
そして外交といえばなんやねんあの日米のあれ。何が「Win-Win」だっての。
結局カツアゲされて帰りの電車賃だけ返してもらって
「全部獲られなかった!勝ったぞ~!!」ていってるようなもんやないかい!
ドンパチやらずに敗戦したといってもいいくらいです。
(南青山D.Jさん)

 


 

文中で触れている「Q&A」も転載しときます。

Q よしりん先生、おはようございます。
 このところの事件やライジングを読んで思うのですが、よしりん先生が「最近ひ弱なのが増えた」とコメントしたように、注意されたり考えを否定されたりしても「いじめられた」というように解釈してしまう人が増えたような気がします。
 私自身は幼少期に叩き込まれた「いじめの定義」の影響が大きいと思うのですが、よしりん先生はどうお考えですか?
 そして「ひ弱」を脱する、脱させる為にはどうすればいいとお考えですか?

A 自分の国は自分で守るという「国民」の基礎すら認めない左翼がはびこってる限り、脱・ひ弱は難しい。

自称被害者と、本物の被害者の見極めは、非常に大事になってくると思います。

トッキー

次回の開催予定

第84回

第84回 令和1年 10/20 SUN
14:00

テーマ: 「天皇論『日米激突』」

INFORMATIONお知らせ