ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2019.10.6 17:30メディア

【よしりん少女像】「神聖不可侵」の正体

月刊WiLL11月号掲載
『ゴーマニズム宣言』
「少女像は神聖不可侵じゃない」
感想をご紹介します!

 


 

WiLLを購入し、掲載のゴー宣を読みました。
以下、感想を書かせていただきます。

①よしりん少女像ですが、辻説法スタイルのよしりんに赤丸ほっぺが追加されることにより、可愛さが増しています。コロコロ変わる表情もベリーナイスです、おぼっちゃまくんみたいで親しみがもて、多くの人が目を向けやすくする方法として、とても有力な手段だと思いました(*^^*)
腫れ物に触るようになりがちなこの話題に対し、ポップかつ真摯に向き合って描写する。これぞゴー宣、小林先生ならではの凄い技術だと思いました。

②よしりん少女像の語りを通して、当事者の思いを無視し、自分達の主義主張や、利益や、保身のために利用する周囲の偽善が余すところなく浮彫りにされています。不勉強な自分にも分かりやすくて、内容が濃くて、面白い、最高の回でした!!少女像を神聖不可侵にするということは、元慰安婦の方々を人間としてではなく自分の都合にいい道具として利用するということなのかなと思いました。

③他の方の感想でもよく見られましたが、自分も読後「なんでこれがSPA!でボツになったの?」と思ってしまいました。もったいないなぁ。
(シャーマケさん)

 


 

「神聖不可侵にする」ということは、一見尊重しているようで、実は人間扱いしていない。道具として利用しているのだという指摘は重要だと思いました。
これこそ偽善の本質ですね!

トッキー

次回の開催予定

第84回

第84回 令和1年 10/20 SUN
14:00

テーマ: 「天皇論『日米激突』」

INFORMATIONお知らせ