ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2019.10.6 13:34ゴー宣道場

「ゴー宣道場」参加応募締め切りまであと3日

ケネス・ルオフ氏をゲストにお迎えしての「ゴー宣道場」、
『天皇論「日米激突」』の応募締め切りまであと3日。

完全なるスルメ読み…というか匍匐前進読みの私は、
線を引き引き、書き込みをしながら、

第1章 そもそも神武天皇は実在しない
第2章 外国人労働者と天皇
第3章 右も左もロボット天皇論
第4章 天皇が韓国に行ったならば
第5章 昭和天皇に戦争責任はあるか
第6章 令和の靖国問題
第7章 大嘗祭は国費でやるべきか

ここまで読んだ。

特に、米国人であるケネス・ルオフ氏から見た、
日本の「神道」への印象は、自分のなかで無意識にやって
いた行動を思い起こさせたり、そこから考えを巡らせる
きっかけになって、とても面白かった。

私は父方の実家が浄土真宗の寺だから、暗記したお経が
あるし、宗派なりの仏壇の作法にも知識があるし、
お墓にも手を合わせる。
でも、時節ごとに神社を訪れることもあるし、いまも
財布のなかにお守りをひとつ入れている。
それが「宗教」という風な意識はなかった。

あと「政教分離」を、それが内心の自由につながる「原則」
として理解はしていても、現実にその原則がどこまで徹底
できるものなのか、というところまで踏み込んで考えること
がなかった。

そういったところに視点を当てられる新鮮な議論が、次々と
読めるのが、「天皇論『日米激突』」だと思う。

ケネス・ルオフ氏をお迎えしての議論は、深い見識をもとに、
日本人がなんとなく「当たり前」と思ってきた部分にメスを
入れつつ、新たな道筋を見つけていける、貴重な回になると
思う。
応募締め切りは10月9日(水曜)。


第84回ゴー宣道場
「天皇論『日米激突』」

ゲスト:ケネス・ルオフ氏
10月20日(日曜)14時~
東京「人事労務会館」(品川区大崎)

https://www.gosen-dojo.com/event/21651/

 

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第84回

第84回 令和1年 10/20 SUN
14:00

テーマ: 「天皇論『日米激突』」

INFORMATIONお知らせ