ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.10.8 10:33日々の出来事

明日が「ゴー宣道場」応募締め切り

10月20日(日曜)開催の「ゴー宣道場」は、
10月3日発売の『天皇論「日米激突」』(小学館新書)
で対談したケネス・ルオフ氏を招いて、本のタイトルの
ままのテーマで議論する。
ルオフ氏は米国の日本研究の第一人者で、著書『国民の天皇』
(岩波現代文庫)で大佛次郎論壇賞を受賞している。

わしがやってるのは思想である。
天皇とは何か?神武天皇から2000年も男系で繋がってきた
貴重な血の器である。人格は関係ない。男系だから素晴らしい。
以上、解答。おしまい。
こういう解答で分かった気になって思考停止している自称保守
が嫌いなのだ。
読者に思想を促すために、わしはルオフ氏と対談した。

必ずしも新書を読んでから「ゴー宣道場」に参加と考えなく
てもいい。
当日、サイン入りの新書を30冊くらい販売するから、議論を
聞いてから、読んでもいい。

「ゴー宣道場」では、参加者の皆さんにも、ルオフ氏と
議論する楽しさを分け与えてあげたい。
素晴らしい人格者なので、第二部ではぜひともルオフ氏に
質問して、ルオフ氏の回答を聞いていただきたい。

応募締め切りは10月9日(水曜)、明日だ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第84回

第84回 令和1年 10/20 SUN
14:00

テーマ: 「天皇論『日米激突』」

INFORMATIONお知らせ