ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.10.15 09:24日々の出来事

自然災害との戦いのためインフラ投資が必要

台風の被害がとにかくすごい。
スタッフ一名が妻と共に避難を強いられてしまったが、
川の近くは台風のたびに浸水して家を失う覚悟をせね
ばならない。
やっぱり堤防の強化と、川底をもっと深くまで掘る
工事が必要だろう。
地震に備え、津波に備え、台風に備え、日本は財政出動
をして強力にインフラ投資をしていく必要がある。

1機147億円もするF35戦闘機を42機も買うカネが
あるなら、災害予防のインフラ投資に使った方がいい
じゃないか!
F35は曲がれず、上昇できず、動けないというポンコツ
戦闘機であり、F16戦闘機の模擬空中戦でも負けている。

アメリカで使えない戦闘機を日本に売りつける構図は、
薬害エイズのときのエイズ入り非加熱製剤を、アメリカ
から輸入していた構図と一緒じゃないか?

わしは平和主義で言っているのではなく、ポンコツ戦闘機
じゃ日本人の命を守れないから、そのカネをインフラ投資
に回せと言っているのだ。

日本の場合、自然災害は戦争と同じだ。
スマホからあんなに何度も騒々しい警告音が鳴るのは、
初めての体験だったが、わしは空襲警報を思い出したよ。
・・ていうか、わし戦中派じゃないから空襲警報の体験
なかったな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第86回

第86回 令和1年 12/8 SUN
14:00

テーマ: 「正念場を迎える皇位の安定継承」

INFORMATIONお知らせ